作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


左手の押さえ方

実際の演奏では、左手の指をおろすのは、できるだけ低い高さからできるだけ素早くおろすのが大切だと思っています。よく言われる、指をたたくように指板に落とすのは、練習としては意味がありますが、あくまでトレーニングと捉える方がよいと思います。

というのも、高いところから指を下ろすのには時間がかかるため、早い動きに対応できないからです。

なお、たたく練習をするときにも、指が指板に降りた直後には脱力できているように慣らしていくのがいいでしょう。

それから、左手を押さえるときに、一音ずつ押さえていく必要がある場合ももちろんありますが、例えば、2本以上の弦の間を動くようなメロディーの場合は、弦から放す必要がない指はそのまま置いておくようにすることで、ずいぶん楽になることがありますね。

この感覚を推し進めていくと、あたかもギターでコードを押さえているように、音のほうはポロロンというのに指の方が一回押さえたままというのを、バイオリンでも応用するということになってきます。

実際、とんでもなく速いメロディーでは、左手と右手(特に移弦)の両方に神経を使いながら弾くのでは、演奏の精度が落ちるので、左手の押さえ方を工夫することで、右手に神経を集中できるようにするのも、工夫の仕方として重要ですね。
by violink | 2004-03-28 18:08 | Fingering
<< ヴィブラートとは スピッカートについて... >>