作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


一生楽しんでいくために...

バイオリンは、弾き方を身体に馴染ませていく楽器です。しかも、弾いている姿勢はかなり不自然だったりします。ただでさえ不自然な姿勢なのに、難しい曲を弾こうとして、いろいろ無駄な力を入れてしまったりします。

長い間そういう無理を続けると、やはり身体にも影響が出てくる可能性がありますね。

どんな無理なことでも、自分なりに慣れてしまえば、あまり気にならなくなったりします。そうすると、知らず知らずのうちに、身体に負担をかけ続けることになったりもします。

一流の演奏家は、ここぞというところでは、とてもダイナミックな演奏をしますが、それでも力んではいないものです。

そういう無駄のない弾き方というのは、普段から心がけて身につけていくしかないのでしょうが、常に問題意識を持っていれば、少しずつ感じがつかめてくるものだと思います。
by violink | 2004-03-29 18:59 | Others
<< ゆっくり練習するということ 正しい音程で弾くには... >>