作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


左手のピチカートについて

左手のピチカートは、技巧をひけらかすような曲にしか登場しませんので、そういう曲がお好きでない方は、そもそもこの奏法自体にご縁がないかも知れません。(そういう私も、あまりお近づきになりたくない奏法です。)

この奏法は、原理はとても単純なのですが、何しろ、①左手の指で、しかも、②指板からほとんど離れていない弦を、③隣りの弦に触らないように気を付けながら、という3重の壁を乗り越えないとそもそも弦をはじいたことが聞こえすらしない、という悲しい奏法です。

ところで、この奏法は、弦をはじく指の違いによって相当事情が違ってきます。中指、人差し指に比べて、薬指、小指という順に問題が多くなってきます。要は、指の力ももちろんですが、弦をはじくときに指が動くべき方向と、普段弾いているときに指を弦から離す方向とが微妙に違う点が重要で、特に小指の場合は、弦をはじきやすい方向に小指を離すのが難しいと思います。

その理由の一つは手の構造自体にあると思いますし、別の理由としては、小指は指先のクッションが余りないので、指を立てて弦をはじこうとすると爪に当たってしまいやすい、という事情も絡んでくると思います。

このように、左手の小指でのピチカートがなにしろ難しいので、この奏法の練習をする場合は、小指の練習を相当やる必要があると思いますね。ただし、練習するとは言っても、特殊な奏法ですし、こればかり練習するのも何ですので、一回当たりの練習量はある程度限定した方がよいとは思いますが。

さて、練習で気を付けるべきことは何でしょう。私なりには、①はじく以外の指はできるだけ柔軟にしておくこと、②はじくスピードを素早くできるようにすること、③はじく方向を工夫するために肘の入れ方を工夫すること、くらいでしょうか。後は、隣の弦に触れないような工夫だと思います。(例えば、隣の弦の音がしなければよいので、ピチカートに関係のない指を軽く隣の弦に触れて、仮に一緒にはじいてしまっても音にならないようにしておく、というのも一つのアイディアかなと思いますね。)

何れにせよ、この奏法は極めて特殊なので、あまりご縁がなくてもよいのかなとは思いますね。。。(笑)
by violink | 2004-11-19 12:55 | Fingering
<< 弓を弦の上におくタイミングについて ヴィブラートの動きのイメージを... >>