作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
最新のコメント
おはようございます。 ..
by 水樹 at 06:45
久々のブログ更新、嬉しい..
by g54vkfei at 19:53
はじめまして。 とって..
by rurujojo19patsy at 16:30
たいへんためになりました..
by shiro_wassan at 08:12
いつも素晴らしいブログを..
by hanako at 04:20
クロモジさん、ご返事が遅..
by violink at 00:28
始めまして。「脱力とイメ..
by クロモジ at 20:00
ものすごく細かく丁寧に ..
by 雨 at 22:10
名演奏とは何か? 生の..
by 漂泊のオケマン at 21:12
バッタさん、どういたしま..
by violink at 05:31
ありがとうございます。 ..
by バッタ at 21:33
バッタさん、はじめまして..
by violink at 13:01
はじめまして。     ..
by バッタ at 13:43
こんにちは。 私もバイ..
by まい at 14:48
VIOLINK様 あけ..
by のりのり at 22:12
お久しぶり、高嶋です。と..
by akko-dolce-vita at 03:33
はじめまして。 私も佐..
by Lily♪ at 13:11
先日、娘と二人、オルガン..
by kawailaw at 22:13
こんにちは。だいぶ前にこ..
by askascpa at 23:21
ハクさん、こんにちは。 ..
by violink at 17:55
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


楽器は値上がりするのか?

バイオリンの値段は下がらない、とよく言われますね。何回かフルサイズの楽器を買い換えてきた人の中には、そのことを実感している人もあるでしょう。

バイオリンも、他の諸々の商品と同様、需要と供給とが出会うところで値段が決まります。しかし、バイオリンは、同じメーカーの作品でも一本一本コンディションも作りも違うので、メーカーごとに一般的な値段があるわけではありません。このため、自分が持っている誰それ作のバイオリンが現在市場でいくらと評価されるのかは、とても分かりにくいものです。

ただし、一般的な傾向として、イタリアの18世紀前半の楽器が高く評価されている事実はあり、この時代の有名なメーカーが作った楽器で、コンディションのよいものは、コレクションの対象にもなることから、値段も高くなる傾向があります。それ以外の時代、メーカー、コンディションの楽器の値段は、こうしたハイレベルの楽器の値段との相対的な関係で決定されていると言えるでしょう。

新興国での需要増も無視できません。古い楽器は供給が増えることがないので、需給関係上、値段は上がる傾向がありますが、すべての楽器が同様に値上がりしていくわけではないことに注意が必要と思います。バイオリンを欲しい人の懐具合は、コレクターと演奏家とでは明らかに違いますし、欲しいと思う楽器についても、コレクターと演奏家で異なります。

楽器を購入するときには、予算ももちろんですが、自分が楽器を買う理由をクリアにする必要があると思います。そして、投資対象(コレクションを含む)として(も)考えるのと考えないのとで、候補となる楽器の範囲は大きく変わってくるでしょう。

イタリアの新作も、高いものは300万円前後になるという話も聞きます。それが投資対象になるかどうかは別として、その予算であれば、100年以上前のドイツやオランダの作品で、ルックスの点でも音の点でも、かなり満足度の高いものが射程に入ることは、知っておいて損はないかも知れません。

尤も、そのような楽器が現在その値段で購入できるということは、過去100年間での値上がりが大きくなかった(=今後の値上がりも大きくない可能性が高い)ということも、よく理解しておく必要があるでしょう。
by violink | 2012-09-29 18:05 | Instruments | Comments(0)
<< サロン 楽器の国籍について(雑感) >>