作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


どの弦で弾くかということ

バイオリンには4本の弦があり、もっとも低い音が出るG線でも、ハイ・ポジションを使えば、相当高い音まで出せます。そういうわけで、同じ音をいくつかの弦を使って出すことができる場合が多いんですね。

例えば、E線上でとる音は、ハイ・ポジションを使うことで、A、D、Gの3本の弦のどれを使っても出すことができます。こういうときに、どの弦を使ってその音を弾けばよいでしょうか。

それは、第一に、どのような雰囲気の音色にしたいかということがありますね。G線のハイ・ポジションは、張り詰めたような音がします。これに比べて、E線の音は輝かしくスッキリ抜けていく感じがありますね。

第二に、前後の音のつながり上、フィンガリングに無理がないかどうかですね。いくら張り詰めた音が欲しいと思っても、例えば極端な例では、その音の前後の音をファースト・ポジションでとるような場合には、その音だけをG線のハイ・ポジションで弾くことには、そもそも無理があるわけですね。

そういうわけで、まずは欲しい音色から弦を選び、その弦で弾くことでフィンガリング(=指使い)に無理がないかどうかをチェックするという順番で、私は考えています。

人によっては、音程の間違いが少なくてすむようなフィンガリングにすることを最優先するかも知れません。その場合は、一回ポジションを決めたら、できるだけそのポジションのままで弾くということになります。この場合は、いろいろな弦を行ったり来たりすることになるので、移弦の練習が重要になってきますね。

フィンガリングというものは、その人その人の感性や、左手の指の長さなどによって、同じフィンガリングでも弾きやすかったり弾きにくかったりするものですので、人のフィンガリングをそのまま採用するのではなく、自分に合ったフィンガリングを考えるようにするのがよいですね。
by violink | 2004-04-20 00:59 | Fingering
<< 音程を確かなものとするために 練習の効率を上げるために... >>