作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
最新のコメント
おはようございます。 ..
by 水樹 at 06:45
久々のブログ更新、嬉しい..
by g54vkfei at 19:53
はじめまして。 とって..
by rurujojo19patsy at 16:30
たいへんためになりました..
by shiro_wassan at 08:12
いつも素晴らしいブログを..
by hanako at 04:20
クロモジさん、ご返事が遅..
by violink at 00:28
始めまして。「脱力とイメ..
by クロモジ at 20:00
ものすごく細かく丁寧に ..
by 雨 at 22:10
名演奏とは何か? 生の..
by 漂泊のオケマン at 21:12
バッタさん、どういたしま..
by violink at 05:31
ありがとうございます。 ..
by バッタ at 21:33
バッタさん、はじめまして..
by violink at 13:01
はじめまして。     ..
by バッタ at 13:43
こんにちは。 私もバイ..
by まい at 14:48
VIOLINK様 あけ..
by のりのり at 22:12
お久しぶり、高嶋です。と..
by akko-dolce-vita at 03:33
はじめまして。 私も佐..
by Lily♪ at 13:11
先日、娘と二人、オルガン..
by kawailaw at 22:13
こんにちは。だいぶ前にこ..
by askascpa at 23:21
ハクさん、こんにちは。 ..
by violink at 17:55
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


移弦という技術

バイオリンの4本の弦を弾き分けるためには、移弦の技術が必要ですね。特に、重音では、2本の弦を同時に弾くというだけでなく、その音量のバランスも関係してきますので、重音から重音への移弦は、単音から単音への移弦に比べて、格段に難しいものです。

逆に、例えば、D線からA線へというような、隣り合った弦の間での移弦では、右腕の動きもシンプルなものですので、普段、あまり意識することなく、なんとなくやっているということも多いと思います。しかし、こういうシンプルな移弦こそが、より複雑な移弦の基礎になるものですので、シンプルな移弦をきちんとマスターすることが重要ですね。

移弦をするときの右腕の動きは、(1)弦の上で弓を止めて弓の角度だけを変える、という動きと、(2)移弦の際に弓を返す動きを伴うものと伴わないもの、という2つの動きに分解することができますね。移弦の練習をするときは、(2)を取り除いて、(1)だけを取り出して行う、つまり、弓先、弓中、弓元で弓の角度だけを変える、という練習をした上で、(2)を組み合わせるのが効果的だと思います。もちろん、この練習を行う前に、同じ弦の上を弓元から弓先まで弾く、普通のボーイングの技術が身についていることが重要です。

さて、(1)の練習をする際に最も大切なことは何でしょうか。腕の形でしょうか、肘の高さでしょうか。実は、そういう外見よりも、弓を通じて右手に伝わる「弦を捉えた感触」が、移弦の前後で変わらないようにすることが重要です。そのように移弦を行おうとすれば、おのずから、腕の形や肘の高さも決まってくるものだと思います。このような右手の感触は、とても疎かになりやすいものですが、逆に、この感触が分かるようになれば、その感触に神経を集中することによって、移弦が上手くできたのかどうかを、容易に自己判定できるようになります。

この感触に気を付けるようにすれば、例えば、重音から重音への移弦の場合には、最初の重音をよいバランスで弾ける弓の角度になっているか、次の重音についてはどうか、ということを自己判定する助けにもなります。

先が重い弓を使っている場合は、弓元で弓の角度を変えるのは少々苦しいと思います。そのような場合は、敢えて多少弓先よりのところで練習するようにするのがよいでしょう。

要は、右手の感触(=右手の指が弓に接触するところからくる感触)を通じて、弦と弓との接点に神経を集中するということですね。このように神経を集中させると、不思議と弓が移弦でバタつかなくもなります。一朝一夕に成果が出るものではありませんが、普段から意識して練習して行けば、きっと、移弦の技術を向上させることができると思いますね。
by violink | 2013-11-06 23:01 | Bowing | Comments(2)
Commented at 2013-11-15 14:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hanako at 2014-04-27 04:20 x
いつも素晴らしいブログをありがとうございます。
アマチュアチェロ弾きです。
こちらのブログでは音楽について弦楽器について、奏法について沢山学ばせて頂いております。ありがとうございます。とても感謝しています。
私も最近ブログを始めました。
もし良かったらリンクさせていただきたいと思っています。
リンクフリーとありましたので、特にお返事なければリンクさせていただきたいと思います。
ご挨拶でコメントに寄らせて頂きました。
これからも楽しみにしています。
<< シフティングの基本は瞬間移動-... イザベル・ファウストのバッハの世界 >>