作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
最新のコメント
おはようございます。 ..
by 水樹 at 06:45
久々のブログ更新、嬉しい..
by g54vkfei at 19:53
はじめまして。 とって..
by rurujojo19patsy at 16:30
たいへんためになりました..
by shiro_wassan at 08:12
いつも素晴らしいブログを..
by hanako at 04:20
クロモジさん、ご返事が遅..
by violink at 00:28
始めまして。「脱力とイメ..
by クロモジ at 20:00
ものすごく細かく丁寧に ..
by 雨 at 22:10
名演奏とは何か? 生の..
by 漂泊のオケマン at 21:12
バッタさん、どういたしま..
by violink at 05:31
ありがとうございます。 ..
by バッタ at 21:33
バッタさん、はじめまして..
by violink at 13:01
はじめまして。     ..
by バッタ at 13:43
こんにちは。 私もバイ..
by まい at 14:48
VIOLINK様 あけ..
by のりのり at 22:12
お久しぶり、高嶋です。と..
by akko-dolce-vita at 03:33
はじめまして。 私も佐..
by Lily♪ at 13:11
先日、娘と二人、オルガン..
by kawailaw at 22:13
こんにちは。だいぶ前にこ..
by askascpa at 23:21
ハクさん、こんにちは。 ..
by violink at 17:55
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


弓を弾ませる弾き方について(スピッカート編)

スピッカートは、リコシェとは違って一音ずつ弓を返して弓を弾ませる弾き方ですね。スピッカーと良く似た弾き方として、弓の毛が弦から跳ねずに、スティックだけの弾力で音を弾んでいるように弾く方法があり、こちらはサルタートと呼ばれています。

スピッカートの練習方法としては、①一音ずつ弦にぶつける動作をゆっくりから始めて徐々に速くしていくアプローチや、②テンポは最初から速いテンポで、デタッシェ(=普通に刻む弾き方)から徐々に弓の弾む力に任せるようにしていくアプローチなど、いろいろあるようです。どれが正しいのかは私にも分かりません。要は、スピッカートらしい音が出るようになれば良いのだと思いますね。

スピッカートというと、弓を弾ませること自体に注意が向きがちですが、大切なのはもちろん出てくる音の方です。弓が弾んでいても、音が上手く出ていないことが多いんですね。弓が弦に当たった瞬間に音をしっかり立ち上げる必要があることは、以前にも書きました。上手く行かないときは、音がかすれてしまうわけですが、そんなときは、弾く場所をわずかに駒寄りに移動してみるとか、弾くときの弓幅をわずかに狭くしてみるという実験が役に立つと思いますね。

それから、スピッカートでは、左手の指の動きとのシンクロがとても大切ですね。いくら右手の弾き方がパーフェクトでも、左手の指の動きと合っていないと、即アウトです。弓が弦から離れている間に左手の指の押さえが済んでいることが必要ですね。実際に音が出るタイミングと指を下ろすタイミングがズレますので、頭の中が混乱しますが、ゆっくりから練習していけば慣れてくると思います。

また、速くて複雑な音の動きは、フィンガリングを工夫して、同じ弦でポジション移動を多用するフィンガリングより、移弦を伴うもののポジション移動は少なくて済むフィンガリングにした方が、上手く弾ける場合が多いと思いますね。
by violink | 2004-04-25 11:20 | Bowing | Comments(0)
<< 弾き出した後で左手の指を置くこ... テンポ感覚について >>