作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


伝わるvs伝わらない

知人の披露宴とか、ホームパーティーとか、いろいろとバイオリンを弾く機会があるのですが、そのたびに思うのは、「伝えた」ものと「伝わった」ものとが違うということです。

もちろん、聞く人の音楽経験の違いもあるでしょう。バイオリンの生演奏を初めて聞いたという人からすれば、聞こえてくる一音一音が新鮮で楽しめるでしょうし、想い出の曲の演奏を聴けば、きっと当時のことを思い出すでしょう。

そういうことは、弾いている自分の演奏の出来不出来とは違うところで、人に伝わっていることだと思います。もちろん、伝える内容を充実していきたいと思いますが、そういう努力とは別のところで、何かが伝わるんですね。そして、その何かは、伝える側には分かりきれないことでもあります。

そういう自分を離れたところで伝わる何か、、、その偶然に身を任せるのはアマチュアの特権ですね。思わぬ人から思わぬコメントをもらって、、、思わず幸せな気分になったりもします。

肩肘を張らずに楽しく過ごす時間、、、バイオリンと過ごす時間がそういう時間だと言い切れるひとは、本当に幸せな人だと思いますし、自分もそうなりたいものです。。。。

みなさんにとって、バイオリンと過ごす時間は、どんな感じですか?
by violink | 2005-06-17 19:03 | Expression
<< CDから学ぶ 心に届く演奏とは。。。 >>