作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ピアノとのデュオについて

バイオリンのソロの名曲といえば、大抵、オーケストラ伴奏かピアノ伴奏か無伴奏ですね。このうち、アマチュア奏者にとって最も馴染みがある(=実現する可能性が高い)のは、ピアノ伴奏で弾くことでしょうか。。。

ピアノと一緒に弾くときに、まず気になるのは音量のバランスですね。
大抵は、ピアノがバイオリンの音を消してしまわないか、という心配だと思います。
音量的なことももちろんですが、ピアノの強いタッチにはバイオリンが抗しきれない、
ということも、確かにあります。

ただ、音量のバランスは、ピアノとバイオリンの両方の腕前にも絡むので、
ある程度は仕方がない部分もあります。
お互いにもっと上手くなるしかない、ということもあるでしょう。

それよりも、工夫をしてみる価値のあることとして、
バイオリンの発音のタイミングがあります。

ピアノのタッチに比べ、バイオリンの発音はどうしても遅れがちですので、
これを意識的に補正してみるということですね。更には、
音楽を引っ張って行くために、少し先に出るということもあるでしょう。

更には、ピアノと同時に出たのでは聞こえないので確信犯的に微妙に早めに出る、という人もいるかも知れません。微妙さ加減では効果的な場合もありますね。

適度なタイミングというのは、音楽全体を聞いてみて自然であればよいわけですが、
傾向的には、漫然と合わせているとバイオリンが遅めになりがちだと思います。

デュオの緊張感にもつながることなので、研究しがいのあるテーマだと、
僕は思っています。
by violink | 2005-07-18 23:06 | Performance
<< 演奏の確実性を上げるために 音の遠近感 >>