作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


音楽の味付けについて

音楽と料理って、いろいろ似ているところがあると思うんですね。たとえば、美味しい味付けにするということ以前に、素材の持ち味を大切にするということです。

最近は、素材より味付けの方が勝っている料理が多いですよね。牛丼も下手すると汁の味だけというのもあります。最近登場した豚めしを食べて、「何だ、牛丼と同じような味じゃんか」と思ったことはありませんか。

話を元に戻すと、音楽の素材のことです。それは、突き詰めていけば和声とメロディということだと思うんですね。そういう素材に、どんな楽器の音色で演奏させるか、音域は、テンポは、強弱は...と味付けをしていって、完成された曲になってくるのだと思います。

もちろん、これは作曲の過程であって、我々のように楽器を弾く人間がやる作業ではありません。それでも、素材を大切にしようとすると、作曲のプロセスの最初にある和声とメロディというところに立ち戻る必要があるんですね。

したがって、音楽で素材を活かすとは、和声とメロディの特徴をよく感じて演奏するということになるんだと思っています。同じ和声でもメロディでも、人によって感じる特徴は違うかもしれません。また、ある場所の和声とメロディだけから特徴がつかめる場合もあれば、いくつかの場所にわたって和声やメロディが変化していく中ではっきりしてくる特徴もあるかもしれません。

こうして、まずは和声とメロディの特徴を感じることができれば、それにどんな味付けをしてあるのかということが、別のものとして認識できるようになってきますね。そこに作曲者の意図というものを感じるわけですね。

よくベートーヴェンらしく、とかモーツァルトらしくとかいうことが言われます。どうすれば「らしく」なるのかを研究することは、オリジナルを再現しようとする努力の中で初めて大切になってくることだと、私は思います。それよりもまず、自分がその和声なりメロディから何を感じ取るのか。そこに集中して、素材の持ち味を賞味したいものですね。

今回は、皆さん、多かれ少なかれ、既に感じておられるようなことを、私なりの捉え方であえて文字にしてみました。
by violink | 2004-04-30 11:36 | Expression
<< 音程が正確にとれるようにするために 右手でつけるアタックについて >>