作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


フレージングとは。。。

フレーズがつながらない。。。という悩みはよく聞きますが、フレーズがつながりすぎている。。。という話はあまり聞きませんね。ところが、フレーズがフレーズらしくあるためには、「つながりすぎ」は「つながらなさすぎ」に負けず劣らず、厄介な問題だと思います。

まず、自分でそのフレーズを歌ってみるときにどのように歌うか、というところからスタートするのが分かりやすいと、僕は思います。「ラララ」とか「タララ」とか、子音の使い分けでフレーズの途中の小さな区切りを意識しながら歌ってみることが大切だと思います。(どんな子音を使うかは、各人のセンスでしょう。)

その上で、楽器の上で同じように小さな区切りを意識しながら弾いてみるのですが、ここでは、さっきは口で歌うときに子音を使い分けたのを、音の出方で弾き分けていくわけですね。

そういう音の出だしのニュアンスがいくつか用意できれば、それだけでも、そのフレーズの表情が豊かになると思います。また、そういうことが自分で意識できれば、CDなどで人の演奏を聴いたときにも、フレーズの中の小さな音の区切りのようなものを、より明確に聞き取れると思いますね。そして、自分の演奏に貴重な示唆を与えてくれるものと思います。
by violink | 2005-09-30 21:32 | Phrasing
<< 弾き方と聞こえ方 テンポの表情 >>