作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


弾くときの呼吸の仕方について

メロディーを弾き始めるときに息を吸う、ということを意識的にやっている演奏家がいますね。CDを聴いているときにも、その息を吸う音が聞こえるものが結構あります。

バイオリンを使って歌を歌っているのだと思えば、そのような息の吸い方はとても自然なように思います。自分の声で歌う状態と近い状態を作ることで、より表情を込めて弾くことができると考える人もいますね。

さて、息の吸い方ということに気をつけてみると、普段生活しているときや普通に話をしているときと、歌を歌っているときとで、息の吸い方が多少違うことに気づくと思います。

歌を歌うときには、まず吸えるだけの息を吸って、吸い終わったのとほぼ同時に息の吐き出しが始まり、今度は吐けるだけの息を吐いて歌っているという感じでしょうか。一方、普段の生活では、そこまで息を吸い切ったり吐き切ったりすることは余りないと思います。また、声を出すタイミングは必ずしも息を吸い終わったときと同時ではないですね。

バイオリンを弾き始めるときの息の吸い方は、歌を歌っているときと同じような吸い方にするのが望ましいのだと、私は考えています。つまり、吸えるだけの息を吸って、吸い終わったのとほぼ同時に弾き出すということです。中途半端に吸って弾き出すのに比べて、音の出だしにより集中できる感じがします。

ただし、吐けるだけの息を吐く必要はないと思っています。バイオリンの演奏では、声楽のように息を有効利用する必要はないですし、吐くことに余り意識を向け過ぎると、弾く方が疎かになる恐れもあります。

以上は、バイオリンを弾き始めるときのことですが、次は、弾き始めではなく弾いている間のことです。

呼吸のコントロールは、モノへの集中力をコントロールする上で役に立つような気がしていて、バイオリンの演奏でそれを活用するために、弾いている間にする呼吸では、より多く息を吸うように心がけています。

私たちは、普段の生活では、息を吸って、中途半端なところで吐き始め、また中途半端なところで吸い始めています。それは、意識して息を最大限吸おうとか、最大限吐こうとかすると、それをするだけの余裕があることからも分かると思います。このとき、肺活量の最大と最小と比べて、どちらにもある程度余裕があるところで呼吸をしているということになります。

このうち、吸う方の余裕分を使って、普段の生活でしている呼吸より、少しだけ多目に息を吸うことができるわけですね。(吐く方は余り気にしていません。)息を余計に吸うことによって、頭の中がサッパリするというか集中力が高まるというか、そんな感覚を持つことができるように思います。これが、バイオリンを演奏する際に役に立つんですね。

またまた、長くなってしまいました...。
by violink | 2004-05-04 07:34 | Breath Control
<< エチュードの使い方について 練習内容を録音することについて >>