作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
最新のコメント
おはようございます。 ..
by 水樹 at 06:45
久々のブログ更新、嬉しい..
by g54vkfei at 19:53
はじめまして。 とって..
by rurujojo19patsy at 16:30
たいへんためになりました..
by shiro_wassan at 08:12
いつも素晴らしいブログを..
by hanako at 04:20
クロモジさん、ご返事が遅..
by violink at 00:28
始めまして。「脱力とイメ..
by クロモジ at 20:00
ものすごく細かく丁寧に ..
by 雨 at 22:10
名演奏とは何か? 生の..
by 漂泊のオケマン at 21:12
バッタさん、どういたしま..
by violink at 05:31
ありがとうございます。 ..
by バッタ at 21:33
バッタさん、はじめまして..
by violink at 13:01
はじめまして。     ..
by バッタ at 13:43
こんにちは。 私もバイ..
by まい at 14:48
VIOLINK様 あけ..
by のりのり at 22:12
お久しぶり、高嶋です。と..
by akko-dolce-vita at 03:33
はじめまして。 私も佐..
by Lily♪ at 13:11
先日、娘と二人、オルガン..
by kawailaw at 22:13
こんにちは。だいぶ前にこ..
by askascpa at 23:21
ハクさん、こんにちは。 ..
by violink at 17:55
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


脱力のイメージ

バイオリンを習い始めた頃、先生から「力を抜いて」ということを何度となく言われながらも、その頃合いが分からずに困ったことがありました。

力を抜いてしまってはダイナミックな音は出ないという面もありますが、確かに、余計な力が入っていると、上手く弾けないのも事実ですよね。

一つの考え方として、僕は、「右手・左手の感覚が鋭敏なままに保てて、しかも楽器や弓を支えるのに足りるだけの最小限の力を使って弾く」という感覚で捉えています。

別に楽器を持っていてもいなくても、余計なところに力が入ると、肝心なところの感覚が鈍くなるものです。バイオリンを持つ場合では、左手で力が入るとすると、肩とか肘とかになりますが、ここに力が入ると、一番重要な、指と弦の接点の感覚など、ほとんど知覚できないと思います。

右手も然りで、肩や肘や手に力が入っていると、弓と弦の接点の感覚なぞほとんど感じることができなくなってしまいます。

こうした逆の視点から、脱力を捉えてみるのも、たまには良いのではないでしょうか。。。
by violink | 2005-10-17 21:57 | Relaxation | Comments(8)
Commented by 琴音 at 2005-10-18 19:19 x
はじめまして。すべての記事を読んだわけではないのですが、とてもためになる記事を毎回有難うございます。私はVnを持っていますが、現在は事情により、辞めています。(初心者なのですけど・・)Vnの音色の美しさ、表現の幅の広さに感動して、Vnを弾けるようになりたいと思った次第です。まだ、音楽に対して深い知識とかあるわけではありませんが、機会があれば勉強していきたいと思っています。ただ、Violinkさんの音楽に対しての考え方とか、とらえ方など、とても素敵ですね。これからも記事を楽しみにしています。
Commented by violink at 2005-10-18 20:42
お互い、Vnに縁があった者同士として、これからも、何らかの喜び・楽しみその他の感情を、音楽の中から感じ取って行きたいものですね。。。

琴音さんがVnを再開する日のことを想像しながら書いています。。。
Commented by Bean at 2005-10-28 01:36 x
VIolinkさん、初めて書き込みます。Y.Nakamuraさんの楽器、素晴らしい音に甦りましたよ。ありがとうございました。さて、今回のテーマ、脱力ってとても難しいですね。バイオリン弾く時の脱力って、いつ何時、どんな難しいテクニックがあっても、対処できる状態を意識的に作るものなのかなと思います。私が仕事にしているボディーワークから言えば、いい意味の脱力(リラックス)は、全身の力が抜けてあられもない格好になるという感覚ではなく(これは、私の師匠がダラックスと言っています!)身体のある所は力が入っていて、その他の部分は脱力している状態の事をいうそうです。そこは、身体の中心、下腹部辺り〜みぞおちの辺りまでです、、ここに力を入れてあとは脱力。こういうコンディションができるといいと言われています。こういうアライメントは楽器を構える時にも言えると思っていて、私の大切にしている事は、まずお腹に力を入れる事。その為にお臍を引き上げ(お腹を引っ込め)、特に着席の場合はできるだけ上半身を上に引き上げるようにしています。これで楽器を体幹がしっかりとしてきます。これで実際に動かす腕は脱力できます。また何かの折、コメントしますね。
Commented by violink at 2005-10-31 22:01
Beanさん、ブログでは初めまして。。。

嬉しいご報告をありがとうございました。また、脱力についての、ボディーワークの視点からのコメントを大変興味深く拝見いたしました。今度は是非、画像付でコメントいただければ、、、と思いつつ、まだexblogの方で対応してないですかね。(未確認)

Commented by のりのり at 2006-03-04 01:22 x
violinkさん★こんばんは!
こんな所にコメント・・・失礼します(^ー^)
この記事とっても面白いなって思いました。右手で弓と弦の接点の感覚を。って意識したことなかったので、なるほど~~~と。最近それをちょっと意識して弾いてるんです。
リンクフリーって書いてあるのですが、私のHPへリンクさせていただいてもいいでしょうか?
Commented by violink at 2006-03-04 07:04
のりのりさん、リンクはもちろんOKですよ☆
Commented by クロモジ at 2012-04-30 20:00 x
始めまして。「脱力とイメージ」で検索したところあなたのブログを発見しました。一つの文章のいたるところに感じる所があり、これから、時間をかけて全文を読ませて頂きます。私も「脱力・イメージ・・体の感覚を探るピアノ練習日記」というブログを過去に書きまくっていました。だいぶ休んでたんですが、昨日、NHKでセザンヌの事を放送していて、絵画の表現ということに発見があり、音楽表現と繋がるというインパクlトを受けました。このブログ再開しようと思っています。私のHPのお気に入りにいれさせてもらいたいのですが。よろしいですか。私のHPはhttp://www.geocities.jp/sho6245/です。
Commented by violink at 2012-05-07 00:28
クロモジさん、ご返事が遅くなりました。お気に入りにしてもらえるとのこと、ありがとうございます。
<< 自由と規律 <番外編>B'zを聴いて >>