作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<番外編>ゲヴァントハウス弦楽四重奏団

昨日、紀尾井ホールで聴いてまいりました。

200年近くの歴史を持つ弦楽四重奏団による、伝統的なスタイルに忠実な、格調高い演奏でした。。。と、一言で言えばそうなりますが、僕が何しろ感動したのは、伝統的なスタイルの中にも散りばめられた色彩感覚のようなものに対してだったと思います。

ベートーヴェンというと、やはりスタイルがまずあるでしょうし、そこから大きく外れる演奏をしないように、と演奏する側も気をつけるでしょうし、また、聴く側にも、演奏者がそのことに神経を使っていることが聞えてしまったりもします。

しかし、スタイルというものは独り歩きしやすいものだと感じたのですね。本来は、色彩感を含めてスタイルなのでしょう。画家の絵と同じですよね。構図とか色彩とかが全体としてその画家のスタイルになっていると思います。ところが、形式ばったものに当てはめようとするあまり、そうした躍動感のようなものが抜け落ちてしまうことが多いのだと思います。スタイルが独り歩きした結果ですね。

「○○さんらしい。。。」という言い方を、僕たちはよく聞きますね。自分が持っている○○さんのイメージとピッタリくるときに、思わず出てしまう言葉だと思います。ところが一方で、「○○さんにもそんなことがあるのか。。。」という言葉も、劣らずよく聞くものです。言いたかったことは、ひとつのスタイルの中にも意外性というものが許容されているということで、少なくとも、個々の人間に対して僕たちが持つイメージに関しては、そういうことが現実にあるわけです。

さて、話を戻すと、音楽にもそういう側面があるのではないかと、ゲヴァントハウス弦楽四重奏団の演奏を聴きながら感じたのですね。もちろん、実際には意外性といってもごく少量のスパイスのようなものだと思います。逆に言えば、スタイルがきちんとしているからこそ、少量のスパイスがピリリと利いてくるとも言えると思います。

人間でもそうですよね。意外性というのは、逆に、意外でない部分がはっきりとあるからこそ意外なのであって、そうでなければ何が普通で何が意外かも区別ができないですよね。

スタイルがきちんとしているので、少量のスパイスが意外性を表現する。そして、それは少量であるからこそ、スタイルの中にきちんと納まる。。。ということを感じました。尤も、このことは、何も目新しいことでもなく、既に、いろいろな言葉で表現されてきたことだと思います。

さて、そういう目でみて、弾く人間として特に印象に残ったのは、第一バイオリンに随所に出てくるいわゆる「早回し」的なフレーズのこなし方です。ガシガシと一音一音しっかり立てて弾く、というのでなく、むしろ音と音との区切れは最低限にしてサラサラと弾いていく、という感じです。

音符の細かいところが主役とは、必ずしも限らないということなのですね。技術的なこともあって概して目立ってしまいがちなのですが、そう弾かなくてもぜんぜん違和感がない、というか、そう弾くものではないのだな、と思えました。

言葉にならない部分も含めて、大変いろいろなことを感じさせてくれました。伝統のある弦楽四重奏団だけあって、チェロの方は1973年からやっているそうです。32年間というのは、サラリーマンで言えばほぼ終身雇用期間の全体ですよね。それを同じ「ポスト」で勤め上げてきたとは。。。こういうところにも、音楽の奥の深さ、無限にある探求のネタということを感じました。
by violink | 2005-12-12 06:54 | Concert
<< major <->... 表現方法 vs 表現したいこと >>