作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<音探し>ブラームスのコンチェルト(続編)

さて、先ほどの続きです。

冒頭の悩みの箇所とほぼ同じ動きが、カデンツァの後で出てきます。ここはどう弾こうかと。ソロが弾く主題は同じですが、オケの伴奏が違っています。冒頭よりも多彩な和声で彩られています。DCisHAと動いていくファゴットはどこかのどかな雰囲気ですし、その先も穏やかな雰囲気ですね。嵐の前というわけではないですが、その先に「嵐」が待っています。その前触れ的な穏やかさ、冒頭の華やかさとの対比としての穏やかさ、こうしたニュアンスをやはり出したいと思います。動に対する静ですね。

冒頭と同じ動きが、より多彩な和声で彩られていて、昔を回想するような、しかも美化された昔を思い起こしているような、そんな印象を持ちます。だからなのか、この主題を2回目にソロが弾き始めるときの和声は、同じD-durの三和音の雰囲気でありながら、ほとんどDの単音のように、AとFisのニュアンスがずっと後退しています。ここをバーンとDFisAで響かせたら、華やかな響きになっていたでしょうが、そうなってはいません。また、オケの伴奏を含めて、冒頭よりも薄目になっていますね。

そんなことから、僕は、この2回目の第1主題の入りは、静かな、動きのない雰囲気で入りたいと思います。そう思いながら、頭の中では音が鳴っています。直前のCisに対するDの音程も、許される限り低く取りたいと思います。直前のA-durのセブンスの雰囲気からD-durに入ったところで、華やかなニュアンスになってしまうことを出来るだけ避けたいと思います。弓の返しも工夫したいですし、ヴィブラートもほとんど要らない感じです。ファゴットと2人でデュエットをしているような、小さな世界、室内楽のような世界を、ここでは作ってみたいと思います。

静の後には動が来ますね。それをどこからにしようかと。ソロがHGHGisCisHAGと動いていきます。この辺りからでしょうか。最初のHGと次のHGisとでは、同じHでも静と動のコントラストのようなニュアンスを出したいと思います。そこから徐々に盛り上がっていく感じです。GからGisへ、この半音が出てきたことで、そういう動きがスタートしたように感じます。それを表現したいと思います。

今回は、割と音のイメージが早めに出来ました。後は練習するだけです。。。(笑)
by violink | 2006-02-24 20:20 | My Feeling
<< 表現の形骸化 <音探し>ブラームスのコンチェルト >>