作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


バイオリンの顔

バイオリンは弾くのも楽しいですが、見るのも楽しいものです。表側からみたバイオリンのイメージを、私は子供の頃から「バイオリンの顔」と呼んでいるのですが、このメモの右側に何気に貼り付けてあるのも、あるバイオリンの顔です。

このコーナーはネタ切れで中々更新できず、昨日久しぶりに更新しました。しかし、これからはネタに困ることはなくなりました。というのも、この種の画像を大量に保有しているアメリカのオークション・ハウスの人から、このブログに掲載することをOKしてもらえたからです。

これからは、そこのデータベースから良さそうなものを気まぐれに取ってきて、1週間に1度くらいは更新したいと思います。基本的にはイタリアのメーカーのものから選んできますが、たまにフランスその他の国のものも登場するかも知れません。

実は私は、弾くことと同じくらい見ることも好きなものですから、次は何を貼ろうかワクワクしながら選んでいるところです。。。(笑) クリックすると少し大きめの画像が出ますので、どうぞお楽しみください。
by violink | 2004-05-25 13:24 | Instruments
<< 新たな試みについて プロとアマチュアの違い >>