作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


フレージングと音の変わり目

お久しぶりです。一応、生きております。。。(笑)

このブログの更新がないときは、忙しいというより、書くネタがないときなので、どうぞご心配なく。その代わり、ネタが尽きないときは、それこそ1日数回書き込むこともあります。

さて、今回はフレージングをどう聞かせるかということで、フレーズとフレーズの間に間合いをとる、というようなことだけでなく、むしろ、フレーズの頭の音の入るタイミングを工夫するということです。

音楽が流れていってしまう、というのは、音の変わり目が中途半端に早いためですが、そこに気をつけながら、音の変わり目を丁寧にやると、そこにフレーズ感が生まれると思いますね。

極端に言えば、音がつながっていても、音の変わり目のタイミングを工夫することで、フレーズ感を表現できると思います。そして、音の変わり目は、大抵は、髪の毛一本分だけ早めに行ってしまうことが、僕自身の場合は多いので、気をつけています。

もちろん、丁寧にやりすぎて、音楽の流れが損なわれてしまうと、本末転倒ですね。

その頃合いを掴むためには、本当は邪道だと思いますが、CDに合わせて弾いてみる、ということは有効ですね。自分に聞こえているとおりに弾こうとすると、音の変わり目のタイミングで、想像以上に待ちが必要だったり、その逆だったり、ということが体験できると思います。

要は、CDに合わせて弾かないでもそういう感覚が分かるようになれば、良いわけですよね。そのためのステップということでしょうか。
by violink | 2006-05-21 22:34 | Phrasing
<< 3連符で一番大切な音は? 楽器側での弓速のコントロール >>