作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


良い楽器と出会うためには

ここまでのメモで、良い楽器とは何かについて書いてきました。しかし、その答は、適切なクライテリアに合った楽器であること、とだけ書いており、まだまだ本質には迫っていません。

ただし、ひとまずそのことは置いておいて、良い楽器(とは何か、十分に明らかになっていると仮定して、)に出会うためにはどうすればよいか、という点に触れてみたいと思います。

概して、良い楽器はそうでない楽器よりも数が少ないものです。特に、自分が良い楽器と考えるクライテリアが他の人と共通していればしているほど、その良い楽器を欲しいと思う人は多いので、ますます手に入れることは難しくなります。

逆に、いつでも手に入る楽器とは、多くの人が欲しいと思うようなクライテリアを満たしていない場合も少なくないと思います。それだけ、良い楽器を手に入れようと思ったら、長丁場で取り組む覚悟が必要だということだと思います。

ただし、覚悟が必要なだけで、実際には、タイミングよく良い楽器に出会えることもあるでしょう。それは、その楽器が良い楽器だと判断できる場合はラッキーですし、そうでない場合は悲劇だと言えます。自分の判断が追いつかずに「良い」楽器を見過ごすことになるからです。

さて、この話を進めると、前回のメモの論点に戻り、良いと判断するクライテリア、そのクライテリアに合っている楽器かどうかを判断できる力、という話になってしまいますので、敢えてそこは深入りしないことにします。

今回の要点は、自分がどんな楽器を欲しいと思っているのかを、自分の周囲の人や、楽器屋に知ってもらうことが、その楽器を手に入れる早道ではないかということです。とすると、周囲の人たちがそのことをクリアにイメージできるためには、結局、自分が欲しい楽器のイメージがクリアである必要があるのは言うまでもないと思います。

結局のところ、良い楽器と出会うためには、前回のメモに書いたようなことが前提となる、というのが、僕の考え方です。

次回は、元に戻って、前回のメモの続きの話をしてみたいと思います。
by violink | 2006-08-09 20:27 | Instruments
<< 弦楽器独特のフィンガリングの感覚 楽器を選ぶためのクライテリアについて >>