作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


楽器を選ぶためのクライテリアについて(続編)

バイオリンや弓を購入するときには、まず予算という話になりますよね。それで、予算の範囲で楽器屋さんで示されたいくつかの候補から選ぶ、その中に気に入ったモノがなければ、また出直してくるとか、別の楽器屋さんに行ってみる。悩んでから、または、悩む前に知人に話し、相談に乗ってもらい、ときには楽器屋さんにも同行してもらって、弾き比べを手伝ってもらう。。。などなど、いろいろなことがありますね。

しかし、最終段階でどの楽器を購入するかを、何を頼りにして判断しているでしょうか。楽器屋さんのお勧めでしょうか。友人のコメントでしょうか。それは、時々によるでしょうし、場合によっては、ホールを借りて試奏してみて音の通りをみる、ということもあるでしょう。

いずれにせよ、最低限必要なことは、自分が楽器を選ぶときのクライテリアが明確になっていて、そのクライテリアに基づいて適切なものを選ぶということだと思います。決して安価なものではないので、購入した後で後悔することがないよう、この点はしっかりと押さえておく必要があるでしょう。

しかし、そのクライテリアを明確にする作業は、実際に楽器を探し始めてからでは、難しいと思います。というのも、そもそも、きちんとした楽器屋さんは、自分自身が、仕入れる楽器のクライテリアを持っていて、このクライテリアに合致する楽器を仕入れているからです。そこで、どこの楽器屋さんに出かけていくか、というところから、楽器選びは始まっているのですね。

もちろん、楽器屋さんの見識を信頼して、その楽器屋さんが勧めてくれる楽器の中から選ぶ、ということもアリでしょうし、場合によっては、選択肢がなく、1本だけ提示されてそれを買うかどうかの決断をするということもあるでしょう。より高価な楽器を購入するケースでは、後者の形のことが圧倒的に多くなると思います。

まあ、いずれにせよ、楽器屋さん選びからスタートするということです。自分の考えでしっかりと選べば、長くお付き合いする基盤にもなるので、楽器を早く手にしたい。。。という気持ちを抑えて、まずは、楽器屋さん選びに勤しむのが、長い目で見れば、良い楽器を手にする第一歩と言えると思いますね。
by violink | 2006-10-16 20:31 | Instruments
<< 楽器屋を選ぶということ 楽器の支え方について >>