作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


指がもつれるときは(補足)

 前回のメモの内容について、「指がもつれるのは左手と右手のコンビネーションがうまくいっていないから」というコメントをいただきました。

 私が書いたのは、例えばスラーの中で音がコロコロ変わるようなときに、音符通りに指が動かないような場合をイメージしていたのですが、むしろ、右手と左手とが合わないことに苦労されていることの方が多いようです。

 右手と左手のコンビネーションということについては、①左手の指が音符通りに動くこと、②右手の弓でリズム通りにしかも弾くべき弦で弾ける(=移弦がきちんとできる)こと、の2つがそれぞれ独立してきちんと出来て、初めて左手と右手のコンビネーションが上手く行くものですね。

 このように、左手と右手を別々に練習するということが、一つのアプローチになってきます。その練習ではゆっくりから徐々にテンポを上げていくのは当たり前ですね。その上で。。。両方を一緒に組み合わせてみます。そのときに、両方一度にやりつつも、自分の意識としては左手か右手のどちらかに集中してみるようにするとよいでしょう。

 というわけで、今回は、皆さんからのコメントを踏まえて、多少補足をしてみました。弾けないところを克服するための練習方法は、いろいろあると思います。こうしたら上手くいった、というような話がありましたら、是非、コメントをいただけると嬉しいです。
by violink | 2004-07-12 20:20 | Fingering
<< このブログのコンセプトについて 指がもつれるときは >>