作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


左手の指を速く動かすには...

左手の指を速く動かすための練習としては、究極的には2種類しかなくて、それは、①指を下ろす練習と、②指を上げる練習です。

①の方は、別名「指をたたく練習」と言う人もいて、指板の上に、それぞれの指をトントンと音がするくらい激しく打ち下ろす練習がポピュラーですね。ただし、この練習でさらに大切なことは、指板の上に指を下ろした瞬間に指の力を抜くことで、こちらの方がはるかに難しいです。

②の方は、①ほどポピュラーではないようですが、実は左手の指が速く動かない原因は、いったん下ろした指を素早く上げられないことによる場合の方が圧倒的に多いという意味で、とても重要です。

①と②をバランスよく練習に取り入れるといいでしょう。3:1の符点のリズムを使って、①の練習では、指が上がっている時間の方を長く、②の練習ではその逆にしてやると効果的だと思います。

それから、これは若干裏技ですが、ピアノのように、次の指を置いたら前の指を放すという練習も効果があります。この方法でインテンポで弾ければ、普通の弾き方であればインテンポ以上のテンポで確実に行けます。
by violink | 2004-03-22 23:51 | Fingering
<< サウンディング・ポイントについて もっと力を抜いて... >>