作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


サウンディング・ポイントについて

弓と弦との接点というのは、響きの良い音を得るための大変重要なポイントですね。

基本的には、弓の速さ、駒から弓までの距離、弓にかける力の3つの要素がうまく組み合わさって、初めて良い音が出るということなのですが、これを頭でいくら考えても、良い音は出てこないですね。

サウンディング・ポイントというのは、理想的な弓と弦との接点のことですが、それを探し当てるための比較的簡単な方法があって、それは、とにかく軽い弓(弓の重さだけで弾く感じです。)で、指板から弓先で弾き始めて、少しずつ駒よりに寄せてくることです。

その間は、弓の速さとか力とかは変えないようにします。

そうすると、ある程度弓が駒に近づいたところで、音の中の倍音が最も豊かになって、それから後は、かすれた音になってきます。

そのギリギリのところが、理想的なサウンディング・ポイントということです。

あとは、そのときの音の響きを良く覚えておいて、最初に書いた3条件をいろいろ工夫して音の雰囲気を変えていく練習をすればよいでしょう。

そうすることで、音のパレットは確実に広がっていくと思います。
by violink | 2004-03-23 23:28 | Bowing
<< 子音の大切さ 左手の指を速く動かすには... >>