作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:Instruments( 20 )

楽器は値上がりするのか?

バイオリンの値段は下がらない、とよく言われますね。何回かフルサイズの楽器を買い換えてきた人の中には、そのことを実感している人もあるでしょう。

バイオリンも、他の諸々の商品と同様、需要と供給とが出会うところで値段が決まります。しかし、バイオリンは、同じメーカーの作品でも一本一本コンディションも作りも違うので、メーカーごとに一般的な値段があるわけではありません。このため、自分が持っている誰それ作のバイオリンが現在市場でいくらと評価されるのかは、とても分かりにくいものです。

ただし、一般的な傾向として、イタリアの18世紀前半の楽器が高く評価されている事実はあり、この時代の有名なメーカーが作った楽器で、コンディションのよいものは、コレクションの対象にもなることから、値段も高くなる傾向があります。それ以外の時代、メーカー、コンディションの楽器の値段は、こうしたハイレベルの楽器の値段との相対的な関係で決定されていると言えるでしょう。

新興国での需要増も無視できません。古い楽器は供給が増えることがないので、需給関係上、値段は上がる傾向がありますが、すべての楽器が同様に値上がりしていくわけではないことに注意が必要と思います。バイオリンを欲しい人の懐具合は、コレクターと演奏家とでは明らかに違いますし、欲しいと思う楽器についても、コレクターと演奏家で異なります。

楽器を購入するときには、予算ももちろんですが、自分が楽器を買う理由をクリアにする必要があると思います。そして、投資対象(コレクションを含む)として(も)考えるのと考えないのとで、候補となる楽器の範囲は大きく変わってくるでしょう。

イタリアの新作も、高いものは300万円前後になるという話も聞きます。それが投資対象になるかどうかは別として、その予算であれば、100年以上前のドイツやオランダの作品で、ルックスの点でも音の点でも、かなり満足度の高いものが射程に入ることは、知っておいて損はないかも知れません。

尤も、そのような楽器が現在その値段で購入できるということは、過去100年間での値上がりが大きくなかった(=今後の値上がりも大きくない可能性が高い)ということも、よく理解しておく必要があるでしょう。
by violink | 2012-09-29 18:05 | Instruments

楽器の国籍について(雑感)

このブログの更新もずいぶん久しぶりになってしまいました。この間、ブログを更新できない重大な事情があったわけではなく、ひたすら、自分の技磨きに励んでいたということでございます。最近になって、漸く、楽器から音を出す際のコツのようなものが、以前よりもハッキリと分かるようになりました。追々、このブログでも紹介できたらと思います。

さて、今回は、奏法ではなく楽器のお話です。

バイオリンの世界では、イタリアの楽器が高級とされ、価格も高い場合が多いですが、イタリアで製作された楽器のすべて高級であるわけでも、イタリア以外で製作された楽器が常にイタリアの楽器に性能面で劣るわけでもありません。

イタリアの楽器の中でもメーカー、作り、保存状態によって価格は変わりますが、特に有名なメーカーの楽器は、価格が高い方に収斂していく傾向があるように思います。この辺りのことは、通常、楽器の購入を考えている側の人にはほとんど見当がつきませんので、イタリアの楽器を適正な価格で購入するには、市場動向を熟知した良心的な楽器屋を信頼する必要があります。

一方、イタリア以外の楽器はどうでしょうか。フランスの楽器であれば、お店で見かけることがあるかも知れませんが、ドイツやイギリス、さらにはオランダ、デンマークなどの楽器となると、ほとんど見かけることがありません。ドイツの楽器は、俗に「ジャーマン」と称されて、安物や偽モノの代名詞のような面があり、こうした楽器は時々は見かけることもありますが、これらの国で優れたメーカーが19世紀後半から20世紀前半までに製作した楽器は、日本ではほとんど見かけることがありません。

これは、楽器を購入しようとする側が、イタリアの楽器(ないしはフレンチ)を捜し求める傾向にあることと無関係ではないと思いますが、結果として、楽器を選ぶ際の選択肢を狭めてしまっているので、残念なことだと思います。私自身、それほどノン・イタリアンの楽器を見る機会があるわけではありませんが、ノン・イタリアンの楽器の中にも、時々、とても存在感のある熟成した音を持った楽器があるので、興味を持ち続けているのです。

最近では、海外の楽器屋さん(欧米)とのコンタクトが増えました。欧米の楽器屋は、在庫品がイタリアに限られず、国籍も様々ですし、中には中国のメーカーの手工品を1万ドル近くで売り出している楽器屋もあります。良い楽器であれば国籍を問わず、適正な価格で提供しようとする姿勢には好感が持てますね。尤も、日本と欧米で、お客さんのニーズがやや異なっているということなのかも知れませんが。。。
by violink | 2012-09-17 16:08 | Instruments

音程の狭さと音質の豊かさ

昨年もすっかりご無沙汰してしまいましたが、みなさん、バイオリンの勉強は捗って(はかどって)いるでしょうか。今年は、いろいろ気づいたことを、できるだけブログ(またはTwitter)を通じて発信していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

さて、昨年末に、保存状態のよい1690年代のクレモナの楽器を弾く機会がありました。音の面で普段使っている楽器との違いを感じたのは、音程の許容範囲が極めて狭いことと、音量・音質のバリエーションが極めて広いこと、の2つだったと思います。

特に、音程が極めて狭いツボにはまったときの響きの広がり方は、普段経験できない規模のものでした。その結果、ヴィブラートも無理にかけようとしなくても、響きを揺らすような感覚できれいなヴィブラートがかかるように思いました。音程の上下でなく、響きの大小によるヴィブラート効果のようなものです。

ストラドほどの名器でなくても、構造上の問題がなく、また、調整がきちんとされている楽器であれば、音程のツボははっきりと認識することができます。その音程のツボを狭く深く開拓していくようなつもりで楽器を弾くようにすると、自分自身の音程感覚も磨かれますし、楽器も正しい音程に反応しやすくなりますね。

また、音程のツボを狭く深く開拓すればするほど、その周辺(=つまりごく僅かに音程がツボから外れている部分)で音質のバリエーションを増やすことができます。ほとんど音程に影響を与えずに、音のニュアンスだけを明るめ、暗めに持っていくことができるようになります。

今年は、こうした「気づき」をさらに推し進めて、実際の演奏の中でより自然に使い分けて行けるようになりたいものだと思います。
by violink | 2011-01-03 19:10 | Instruments

楽器メーカーの序列について

四方山話的にバイオリンの話を人にすると、古くなると値段が上がるらしいね、とか、古いものほど良いのか、といった質問が返ってくることがよくあります。これらは、ある種の「常識」として行き渡っているようで、僕も人前でバイオリンを弾いて、質問コーナーなどをやると、大抵は、古さや値段に関する質問が出てきます。

さて、古い方が高いのか、古いものの方が良いのか、ということを考えるに当たっては、楽器メーカーの序列ということを考えてみる必要がありますね。というのも、古さだけが値段を決めていると考えられている(あるいは、値段を決めているファクターとして、古さのほかには音色くらいが思い浮かばない。)状況が一般にあると思うからです。

そもそも、どのような楽器が楽器として素晴らしいのか、ということですね。答は意外にシンプルで、①発音体として理に適っていて、②ルックスが美しい、という2点に尽きるのだと思います。これ以外の要素は、付加的に価値を加えるか減らすかであり、例えば、保存状態とか、有名な演奏家が使っていたとか、オリジナル性が損なわれているとか、そういったことは付加的なことですね。

では、①と②は関係がないのかと言えば、②をクリアするものは①もクリアする場合が多いと言われます。これは、何をもって美しいとするか、といった論点とも絡むのですが、楽器メーカーとしての序列は、そのメーカーの典型的な作品のもつ構造や姿の美しさをもとに、過去100~200年の歴史の中で、出来上がってきているのだと思います。

ただし、現在もてはやされているストラドやデルジェスが作られた頃、実は、ドイツのJacob Stainerの楽器の方が高く評価されていたと言われます。その証拠に、この2大巨匠が活躍した18世紀前半より後の時代、つまり18世紀後半にも、Stainerのパターンをモデルにして製作したメーカーがそれなりの数、いますね。フィレンツェのT.Carcassiもそうですし、イギリスではD.Parkerなどもそうですね。その一方で、例えば、オランダのH.JacobsはN.Amatiの影響を受けていると言われますし、より後の時代のJ.T.CuypersはA.Stradivariの影響を受けていると言われます。

そう考えると、楽器メーカーの序列は時代によって変わってきたという面もあると思うのですが、19世紀以降は、演奏効果という面でストラドやデルジェスが認められて、現在に至っているということなのでしょう。

今回は、いささかオタク的な話になりましたが、長い歴史を持つ楽器であるだけに、時代の流れの中で変わらなかった部分、変化を遂げた部分の両方があるということですね。こういうことを探求することは、それ自体結構楽しいものですね。

<本日の楽器> M. Gadda 1982
a0009913_23361140.jpg

by violink | 2006-10-18 22:05 | Instruments

楽器屋を選ぶということ

バイオリンという楽器は、様々な価値の考え方があります。その中には、価格に反映するものもしないものもありますね。主な価値の考え方としては、作者、年代、出来、保存状態、オリジナルの度合い、ヒストリー、音色、サイズでしょうか。これらの価値の中には、良し悪しの判断が主観的になりやすいもの、良し悪しの問題ではないものが含まれています。

そして、これらの価値は、万人にとっての価値ではなく、例えば、演奏家とコレクターとでは重視するポイント(=その人にとっての価値)は、往々にして異なるものですね。演奏家とコレクターの違いほどではないにしても、例えば、ソリストとオケマンとでは、楽器に求めるスペック(この場合は、演奏効果という面が大きいでしょうが)が大きく違っていると言えるでしょう。

このように、楽器を欲する人たちが楽器に見出す価値は、多種多様だと言えます。人によっては、別の楽器屋で買うよりも安価で入手できる、ということも一つの「価値」と言えるかも知れません。(大変リスキーではありますが。) このため、楽器屋さんにしてみれば、万人を満足させる楽器を仕入れようとしても、それは至難の業と言えそうですね。

そういうわけで、楽器屋さんは、自分のお店の楽器を売るお客さんのイメージを明確に持っているのが普通だと思います。そして、自分がそのお店が楽器を売るターゲットの範疇に入っているのかは、楽器屋さんとのマッチングという意味で、とても大切なポイントだと思います。

それぞれの楽器屋さんについてコメントすることは、敢えて避けますが、僕自身が訪れたことのある楽器屋さんも、その点はまちまちであり、楽器屋さんのポリシーなり思想なりを反映していると思いますね。
by violink | 2006-10-17 18:46 | Instruments

楽器を選ぶためのクライテリアについて(続編)

バイオリンや弓を購入するときには、まず予算という話になりますよね。それで、予算の範囲で楽器屋さんで示されたいくつかの候補から選ぶ、その中に気に入ったモノがなければ、また出直してくるとか、別の楽器屋さんに行ってみる。悩んでから、または、悩む前に知人に話し、相談に乗ってもらい、ときには楽器屋さんにも同行してもらって、弾き比べを手伝ってもらう。。。などなど、いろいろなことがありますね。

しかし、最終段階でどの楽器を購入するかを、何を頼りにして判断しているでしょうか。楽器屋さんのお勧めでしょうか。友人のコメントでしょうか。それは、時々によるでしょうし、場合によっては、ホールを借りて試奏してみて音の通りをみる、ということもあるでしょう。

いずれにせよ、最低限必要なことは、自分が楽器を選ぶときのクライテリアが明確になっていて、そのクライテリアに基づいて適切なものを選ぶということだと思います。決して安価なものではないので、購入した後で後悔することがないよう、この点はしっかりと押さえておく必要があるでしょう。

しかし、そのクライテリアを明確にする作業は、実際に楽器を探し始めてからでは、難しいと思います。というのも、そもそも、きちんとした楽器屋さんは、自分自身が、仕入れる楽器のクライテリアを持っていて、このクライテリアに合致する楽器を仕入れているからです。そこで、どこの楽器屋さんに出かけていくか、というところから、楽器選びは始まっているのですね。

もちろん、楽器屋さんの見識を信頼して、その楽器屋さんが勧めてくれる楽器の中から選ぶ、ということもアリでしょうし、場合によっては、選択肢がなく、1本だけ提示されてそれを買うかどうかの決断をするということもあるでしょう。より高価な楽器を購入するケースでは、後者の形のことが圧倒的に多くなると思います。

まあ、いずれにせよ、楽器屋さん選びからスタートするということです。自分の考えでしっかりと選べば、長くお付き合いする基盤にもなるので、楽器を早く手にしたい。。。という気持ちを抑えて、まずは、楽器屋さん選びに勤しむのが、長い目で見れば、良い楽器を手にする第一歩と言えると思いますね。
by violink | 2006-10-16 20:31 | Instruments

良い楽器と出会うためには

ここまでのメモで、良い楽器とは何かについて書いてきました。しかし、その答は、適切なクライテリアに合った楽器であること、とだけ書いており、まだまだ本質には迫っていません。

ただし、ひとまずそのことは置いておいて、良い楽器(とは何か、十分に明らかになっていると仮定して、)に出会うためにはどうすればよいか、という点に触れてみたいと思います。

概して、良い楽器はそうでない楽器よりも数が少ないものです。特に、自分が良い楽器と考えるクライテリアが他の人と共通していればしているほど、その良い楽器を欲しいと思う人は多いので、ますます手に入れることは難しくなります。

逆に、いつでも手に入る楽器とは、多くの人が欲しいと思うようなクライテリアを満たしていない場合も少なくないと思います。それだけ、良い楽器を手に入れようと思ったら、長丁場で取り組む覚悟が必要だということだと思います。

ただし、覚悟が必要なだけで、実際には、タイミングよく良い楽器に出会えることもあるでしょう。それは、その楽器が良い楽器だと判断できる場合はラッキーですし、そうでない場合は悲劇だと言えます。自分の判断が追いつかずに「良い」楽器を見過ごすことになるからです。

さて、この話を進めると、前回のメモの論点に戻り、良いと判断するクライテリア、そのクライテリアに合っている楽器かどうかを判断できる力、という話になってしまいますので、敢えてそこは深入りしないことにします。

今回の要点は、自分がどんな楽器を欲しいと思っているのかを、自分の周囲の人や、楽器屋に知ってもらうことが、その楽器を手に入れる早道ではないかということです。とすると、周囲の人たちがそのことをクリアにイメージできるためには、結局、自分が欲しい楽器のイメージがクリアである必要があるのは言うまでもないと思います。

結局のところ、良い楽器と出会うためには、前回のメモに書いたようなことが前提となる、というのが、僕の考え方です。

次回は、元に戻って、前回のメモの続きの話をしてみたいと思います。
by violink | 2006-08-09 20:27 | Instruments

楽器を選ぶためのクライテリアについて

先日のメモで、楽器を選ぶためには、どのような楽器を良い楽器と考える(=欲しいと考える)のか、その自分なりのクライテリアを持つ必要がある、と書きました。

そのクライテリアとは、例えば、どのようなものでしょう?

音、値段、保存状態、製作者、形、色、などなど、様々なクライテリアが考えられますね。そして、自分なりのクライテリアがはっきりしているのであれば、そのクライテリアに従って楽器選びをして、クライテリアに合う楽器が見つかれば、「良い楽器を見つけた」と判断すべきなのだと思います。

しかし実際は、自分なりのクライテリアを持つとは言っても、確固たる自信を持ってそのクライテリアを設定できる人は僅かだと思います。また、そのクライテリアに合っているのかどうかを判断することも難しい場合が多いですね。その結果、仮に、自分のクライテリアに合った楽器を見つけたとしても、それを購入することへのためらい、あるいは、購入した後での迷い、ということにつながってしまう人が多いのだろうと思います。

そういうわけで、楽器を選ぶときの難しさは、①適切なクライテリアを設定することが難しい、②そのクライテリアに合った楽器と判断することが難しい、という2点に集約されてくると思います。そして、これらのうちまず最初にクリアすべきなのは、言うまでもなく①ですね。

そこで、まず、適切なクライテリアとは何か、ということになります。
by violink | 2006-08-07 20:19 | Instruments

良い楽器とは??

バイオリンを弾くひとなら誰でも、楽器を購入する、あるいは、買い替えるという経験があると思います。そして、同じ金額ならより良い楽器を欲しいですし、買い替えるなら、今持っている楽器よりも良い楽器が欲しいですね。

そもそも、良い楽器というのはどのような楽器のことを言うのでしょうか。実は、これが難しく、かつ、人によって答が違ってくる部分だと思います。それは、つまり、楽器に求めるものが人によって違うことの表れとも言えると思います。

したがって、楽器を選ぶクライテリアは、人に聞いて済む問題ではなく、自分自身のクライテリアを持つ必要があるのですね。しかし、クライテリアによっては、楽器の専門家でないと、そのクライテリアを満たす楽器であるかどうかを判断することさえままならない、ということが往々にしてあるものです。

そこで、まず最初に、自分の目や耳で判断できるようなクライテリアを自分は重視したいのか、それとも、クライテリアに合う楽器かどうかは専門家に委ねるしかないようなクライテリアを自分は重視したいのか、そこを見極める必要があると思います。

ここがしっかりとすれば、次の一歩の踏み出し方が決まってきますね。自力で探せばよいかも知れませんし、信頼できる楽器屋を探す必要があるのかも知れません。

通常、バイオリンを昔からやっている人でも、今自分が持っている楽器を手に入れた経緯は、往々にして、先生や友人の関係で知り合った楽器屋で購入したものであったりします。そこでは、上に書いたようなクライテリアの検討が出来ていないので、自分が重視したいクライテリアと自分が楽器を購入する方法なり楽器屋がマッチしていない場合が、往々にしてあると思います。どこかで立ち止まって考える必要があるのかも知れません。

いささか分かりにくい話になってしまいましたが、要は、自分がどういうクライテリアを持って楽器を眺めるかによって、良い楽器と考えるべき楽器が違ってくるということで、このクライテリアをしっかりと持つことが大切だということだと思いますね。
by violink | 2006-08-04 21:35 | Instruments

VIOTTI(1709)

タイトルを見ただけで、これが何を意味するかが分かる方は、相当な楽器マニアと言えます。

これは、かの有名なストラディバリ (Antonio Stradivari(1644-1737))が作ったバイオリンの中でも超一流とみなされているものの一つで、弦楽器に関する英文雑誌 the Strad の3月号で特集しているものです。往年の巨匠であるVIOTTIが使用したいくつかのストラドの中でも、彼が最も気に入って死ぬまで手放さなかった楽器として紹介されています。

この雑誌には、VIOTTIの実物大のポスターが付いているのですが、これが圧巻で、見ているだけでため息が出てきます。尤も、色合いとアーチの感じは写真からだけでは分からないのですが、それでも、十分なインパクトがあります。

一言で言えば、あらゆるパーツがクリアなのですね。巨匠の最盛期の作品であって、しかも、製作された当時からの保存状態がよいことも関係していると思います。

言葉を尽くして語りたいところですが、こと楽器に関しては、百読は一見に如かず、ということで、簡単ですが、この辺で。(写真を掲載したかったのですが、copyright の問題をクリアしていないので、今回は見送りたいと思います。)
by violink | 2006-02-21 06:44 | Instruments