作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
最新のコメント
おはようございます。 ..
by 水樹 at 06:45
久々のブログ更新、嬉しい..
by g54vkfei at 19:53
はじめまして。 とって..
by rurujojo19patsy at 16:30
たいへんためになりました..
by shiro_wassan at 08:12
いつも素晴らしいブログを..
by hanako at 04:20
クロモジさん、ご返事が遅..
by violink at 00:28
始めまして。「脱力とイメ..
by クロモジ at 20:00
ものすごく細かく丁寧に ..
by 雨 at 22:10
名演奏とは何か? 生の..
by 漂泊のオケマン at 21:12
バッタさん、どういたしま..
by violink at 05:31
ありがとうございます。 ..
by バッタ at 21:33
バッタさん、はじめまして..
by violink at 13:01
はじめまして。     ..
by バッタ at 13:43
こんにちは。 私もバイ..
by まい at 14:48
VIOLINK様 あけ..
by のりのり at 22:12
お久しぶり、高嶋です。と..
by akko-dolce-vita at 03:33
はじめまして。 私も佐..
by Lily♪ at 13:11
先日、娘と二人、オルガン..
by kawailaw at 22:13
こんにちは。だいぶ前にこ..
by askascpa at 23:21
ハクさん、こんにちは。 ..
by violink at 17:55
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:Concert( 3 )

イザベル・ファウストのバッハの世界

昨日、彩の国さいたま芸術劇場に、イザベル・ファウストのバッハ無伴奏ソナタ・パルティータ全曲を聴きに行ってきました。とても楽しく、また、多くの気づきのある演奏会でした。これまで表に出ることのなかったこの偉大な作品の奥底に秘められたメッセージの一部を垣間見るような、本質の一端に触れたような、そのような充実感を覚えるひとときでもありました。東京オリンピックの年にちょうど300歳となるこの偉大な作品も、やはり、その時代時代の、優れた演奏家の手によって初めて生き永らえてきたのだ、そして、今後もそのようにして生き永らえていくのだ、と実感する機会にもなりました。

調性とか、旋律と伴奏とか、対位法とか、そのような言葉を以て語ろうとすれば、この作品の演奏時間(約3時間)を優に超えることになるのでしょう。細かい音の動きの中に、いろいろな仕掛けが隠されており、それぞれの仕掛けにどのくらいの存在感を与えるかということに、解釈の余地が多く残されていることが、演奏者の違いによってこの作品の表情がまるで異なることの背景にはあるのでしょう。今回の演奏は、どこか、そのような仕掛けの在処をすべて見つけ出して、それらの仕掛けに確かな存在感を与えるような演奏であったことに加えて、その背後には、厳然たるカトリック教会の石造りの重々しい建物のような、堅牢な構造物のようなものの存在を醸していたと思います。

彼女は、バロック弓を使用して演奏していました。バロック弓は現代弓ほど先が重くなく、その分、アップボウの入りでアクセントを付けるのが難しい、ということもありますが、その分、強拍と弱拍の差を付けやすいとか、弓元での重音(3~4音)を弾く時の操作がやりやすい、という特徴もあります。彼女の演奏は、全体として軽やかな要素があると思いますが、その表現にはバロック弓が貢献している部分も少なからずあるでしょう。

また、ソナタやパルティータの1曲が大きな縦長の厚い紙に4ページ仕立てで張り付けた譜面も印象的でした。1曲の中での緊張感を途切れさせないための工夫なのでしょう。ただし、決して張りつめた緊張感に終始するのではなく、彼女自身が演奏することを楽しんでいる様子も、そのステージの上での踊るような動作から感じ取れました。時に両足ともつま先立ちとなり、時に両膝を軽く曲げて、、、といった動作が、それぞれの箇所での音による表現と相俟って、より明確なメッセージとなって伝わってきました。

全体を通じて、ほぼノン・ヴィブラートでしたが、旋律の最後のロングトーンでは、弓をゆっくり波打たせることにより控えめなヴィブラートの効果を出していました。

個人的に最も勉強になったのは、移弦に伴う右手の動きで、四重音を弾く時の動作や、細かい動きで移弦が多く出てくる時の動作など、同じ移弦でも、右手の関与する範囲が手首から先だけとか、腕全体とか、いろいろ異なりますが、その使い分けが見事でした。また、すべての音が、その音に応じたクリアさで発音されていましたし、また、弓が弦から離れるときに楽器の響きを殺さないということが、すでに無意識になのだろうとは思いますが、徹底されていたと思います。
by violink | 2013-11-04 06:35 | Concert | Comments(0)

Christine Walevskaのコンサート(6/6)

皆さん、ご無沙汰しています。
ご無沙汰している間にも、毎日多数のアクセスをいただき、ありがとうございます。

久しぶりにブログを更新するのですが、それはあるコンサートでの気づきからです。
タイトルにあるコンサートがそれです。

Christine Walevska(ワレフスカ)というチェリストをご存じでしょうか?
そう言う私も、先月までは知りませんでした。ネットで簡単に検索できますので、
プロフィールなどの紹介は割愛しますが、往年の巨匠のスタイルを彷彿とさせる演奏は、
チェロを聴いたというよりも、音楽そのものを目の当たりにしたと言った方がよく、
彼女の音楽観、人生観というようなものが伝わってくるような演奏でした。

youtubeでも、彼女の演奏を聴くことができます。

さて、気づきとは何だったか。。。

それは、一言で言うならば、楽器一つで表現できる世界の如何に広大であることか、
ということに尽きます。楽器から音を出すという作業とは別次元のところに、音楽を表現するということがあると思います。

個々の音楽作品に何を感じ、感じたものをどうしたいのか。
その内なる自分の思いに耳を傾けて、それが、表現したい、伝えたい、という思いに至るとき、生きた演奏が可能になるのでしょう。

そのような「生きた演奏」を目の当たりにして、小さなバイオリンという楽器の持つ可能性を、改めて教えられたような気がします。

とても素晴らしい演奏会でした。
by violink | 2010-06-12 22:40 | Concert | Comments(0)

<番外編>ゲヴァントハウス弦楽四重奏団

昨日、紀尾井ホールで聴いてまいりました。

200年近くの歴史を持つ弦楽四重奏団による、伝統的なスタイルに忠実な、格調高い演奏でした。。。と、一言で言えばそうなりますが、僕が何しろ感動したのは、伝統的なスタイルの中にも散りばめられた色彩感覚のようなものに対してだったと思います。

ベートーヴェンというと、やはりスタイルがまずあるでしょうし、そこから大きく外れる演奏をしないように、と演奏する側も気をつけるでしょうし、また、聴く側にも、演奏者がそのことに神経を使っていることが聞えてしまったりもします。

しかし、スタイルというものは独り歩きしやすいものだと感じたのですね。本来は、色彩感を含めてスタイルなのでしょう。画家の絵と同じですよね。構図とか色彩とかが全体としてその画家のスタイルになっていると思います。ところが、形式ばったものに当てはめようとするあまり、そうした躍動感のようなものが抜け落ちてしまうことが多いのだと思います。スタイルが独り歩きした結果ですね。

「○○さんらしい。。。」という言い方を、僕たちはよく聞きますね。自分が持っている○○さんのイメージとピッタリくるときに、思わず出てしまう言葉だと思います。ところが一方で、「○○さんにもそんなことがあるのか。。。」という言葉も、劣らずよく聞くものです。言いたかったことは、ひとつのスタイルの中にも意外性というものが許容されているということで、少なくとも、個々の人間に対して僕たちが持つイメージに関しては、そういうことが現実にあるわけです。

さて、話を戻すと、音楽にもそういう側面があるのではないかと、ゲヴァントハウス弦楽四重奏団の演奏を聴きながら感じたのですね。もちろん、実際には意外性といってもごく少量のスパイスのようなものだと思います。逆に言えば、スタイルがきちんとしているからこそ、少量のスパイスがピリリと利いてくるとも言えると思います。

人間でもそうですよね。意外性というのは、逆に、意外でない部分がはっきりとあるからこそ意外なのであって、そうでなければ何が普通で何が意外かも区別ができないですよね。

スタイルがきちんとしているので、少量のスパイスが意外性を表現する。そして、それは少量であるからこそ、スタイルの中にきちんと納まる。。。ということを感じました。尤も、このことは、何も目新しいことでもなく、既に、いろいろな言葉で表現されてきたことだと思います。

さて、そういう目でみて、弾く人間として特に印象に残ったのは、第一バイオリンに随所に出てくるいわゆる「早回し」的なフレーズのこなし方です。ガシガシと一音一音しっかり立てて弾く、というのでなく、むしろ音と音との区切れは最低限にしてサラサラと弾いていく、という感じです。

音符の細かいところが主役とは、必ずしも限らないということなのですね。技術的なこともあって概して目立ってしまいがちなのですが、そう弾かなくてもぜんぜん違和感がない、というか、そう弾くものではないのだな、と思えました。

言葉にならない部分も含めて、大変いろいろなことを感じさせてくれました。伝統のある弦楽四重奏団だけあって、チェロの方は1973年からやっているそうです。32年間というのは、サラリーマンで言えばほぼ終身雇用期間の全体ですよね。それを同じ「ポスト」で勤め上げてきたとは。。。こういうところにも、音楽の奥の深さ、無限にある探求のネタということを感じました。
by violink | 2005-12-12 06:54 | Concert | Comments(0)