作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
最新のコメント
おはようございます。 ..
by 水樹 at 06:45
久々のブログ更新、嬉しい..
by g54vkfei at 19:53
はじめまして。 とって..
by rurujojo19patsy at 16:30
たいへんためになりました..
by shiro_wassan at 08:12
いつも素晴らしいブログを..
by hanako at 04:20
クロモジさん、ご返事が遅..
by violink at 00:28
始めまして。「脱力とイメ..
by クロモジ at 20:00
ものすごく細かく丁寧に ..
by 雨 at 22:10
名演奏とは何か? 生の..
by 漂泊のオケマン at 21:12
バッタさん、どういたしま..
by violink at 05:31
ありがとうございます。 ..
by バッタ at 21:33
バッタさん、はじめまして..
by violink at 13:01
はじめまして。     ..
by バッタ at 13:43
こんにちは。 私もバイ..
by まい at 14:48
VIOLINK様 あけ..
by のりのり at 22:12
お久しぶり、高嶋です。と..
by akko-dolce-vita at 03:33
はじめまして。 私も佐..
by Lily♪ at 13:11
先日、娘と二人、オルガン..
by kawailaw at 22:13
こんにちは。だいぶ前にこ..
by askascpa at 23:21
ハクさん、こんにちは。 ..
by violink at 17:55
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:Motivation( 3 )

マスター・クラスを聴講して

本日、とある高名な先生のマスター・クラスを聴講してきました。曲目はチャイコフスキー、メンデルスゾーン、シベリウスのコンチェルトです。

3人の受講生は、皆さん10代後半の将来を期待される学生さんたちで、それぞれ完成度の高い演奏をされていました。先生は、それぞれの作品の特徴を踏まえて、いろいろな音楽的な面からのアドヴァイスもされていましたが、技術的な面で、3人に対して共通してアドヴァイスがあったことは、合理的なボーイングやフィンガリングの提案です。

同じ効果が期待できるなら、ミスなく弾ける可能性の高いボーイングやフィンガリングがよいに決まっていますね。それが分かっていても、自分で考えるボーイングやフィンガリングは、自分が習ってきた先生の考えや、自分自身の経験の中から、ある程度決まったパターンのものになるのだと思います。

マスター・クラスのように、第三者たる先生からのアドヴァイスは、その意味で参考になりますね。私にとって参考になったポイントは、以下のようなことでした。

<ボーイング>
①全ての音で弓を返すのではなく、ダウン・ダウン、アップ・アップのような弾き方が楽なこともある。
②スピッカートのニュアンスは弓の寝かせ方によっても変わる。
③音量のために弓を駒に寄せ過ぎると音色がきつくなり過ぎるので注意。

<フィンガリング>
①シフティングでなく指の伸ばし(特に4)でとることによって楽に弾ける場合がある。
②弾いた後で指を指板に残しておいた方が弾きやすい場合がある。

<その他>
①フレーズの中のクレッシェンド、デクレッシェンドの音量のコントロールに気をつける。
②フレーズの中の同じ音形の音程が段階的に高く(低く)なる場合は、その音形ごとに意識して歌っていくようにする。
②フレーズの中の一音一音を歌うヴィブラートは、一音を狙ってかけるヴィブラートのように細かく速くならないように気をつける。

いろいろ気づきの多い機会になりました。これからも、できるだけ機会を作って、聴講してきたいと思います。
by violink | 2011-01-15 23:41 | Motivation | Comments(0)

「一流」のウチとソト

自分が気になる分野で一流と言われる人のことは、誰でも無関心ではいられないと思いますし、出来れば「あやかりたい」と思うのも人情だと思います。最近では、ブログなどで、一流ともてはやされる人が発信するメッセージは、ぐっと身近になってきたと思いますので、彼らが一流になったプロセスを辿ることも、以前よりは遥かに容易になってきたと言えます。

もちろん、ここで言っている一流とは、似非の一流ではなく、本物の一流のことです。

「自分もああ弾けたらいいな」と思うことがあります。でも、何に憧れているのか、実は定まっていないことも多いと思います。その人の演奏そのものかも知れません。その人がその演奏をして周囲の人に注目されている状況かも知れません。その人が演奏に向かう姿勢(と自分が感じること)かも知れません。そして、こういうものを「よいもの」として認識している自分自身に陶酔しているのかも知れません。

一流を意識する背景には、多少なりとも、自分が気になる分野、特に、自分が実際に手がけている分野であれば、現状の自分のレベルより向上していくきっかけが欲しい、という思いがあると思います。ところが、上に書いたような様々な思いは、自分がそのきっかけを掴むことを妨げるように思います。

それは、本当の一流の人が見ているであろう世界はもっと深いところから始まっているからだと僕は思っています。深いところに根を生やして、それが土中の養分を吸って成長し、太い茎から出た葉が太陽の日を浴びて、綺麗な花を咲かせる植物のように。その植物が生きていくために必要なプロセスは、外からは見えない土中から始まり、また、土中で淡々と続けられているのと同じように。

外からは見ることができない内面が充実していることが、自分の音楽世界の次元を高めていくことの背景としてあるということを、改めて実感する今日この頃です。
by violink | 2006-02-21 06:30 | Motivation | Comments(0)

上達するためのマインド

自分が何をやるにしても、大抵はその道に長けた人が存在し、いやが応にもこれを意識せざるを得ない状況に追い込まれます。あるいは、井の中の蛙として、こういう自分より優れた人の存在に目を向けない結果として、成長の機会を逸するか、どちらかだと思います。

もちろん、自分より優れた人を意識することが、直ちに成長の機会になるわけではなく、自分より優れた人が存在するという事実を、自分の中でどう解釈するかにかかっているという言い方もできると思います。

よく言われることに、ポジティブ・シンキングということがあります。否定的にではなく肯定的に考えよう、と一言で言えばそういうことでしょうが、僕は、多少違う捉え方をしています。ポジティブ・シンキングは方法論ではなく結果だと思うんですね。方法論として捉えてしまうと、そのことをやる意味の有無を検証するステップが抜け落ちてしまうと思うのです。

バイオリンを少しでも上手く弾けるようになるようにする、ということに限らず、およそ自分にとって何かをすることの意味、それ自体を自分自身で明確に認識できればできるほど、そのためには何をすればよいのか、ということに目が向きますし、その出発点として現在の自分のレベルを冷静に見極める気にもなります。それで、結果として、自然にポジティブ・シンキングができると思うのですね。

より大切なものはモティベーションで、それは、自分にとってそれをやる意味を見出せるかどうかにかかっていると思います。極端な場合、自分が何となくやりたいと思うことであっても、自分がそれをする意味がない、ということもあるでしょう。意味を見出せさえすれば、上手くいかないときは方法論を冷静に検証できますし、本当の意味で、意味を失ったと思えば、スパッとやめることもできるのだと思います。

そして何よりも、自分の中の深いところで意味を見出せるものを追求していくことは、充実感を伴う楽しさがあります。涸れることのない泉のように探究心が湧き出てくる対象に一度であったならば、突き詰まるところまで行ってみたいな、と。

今回は、最近、言葉として定着しつつあるコーチングにも関連する話になりましたが、誰に対して話しているのかと言えば、他でもない僕自身に対して語っているのですね。
by violink | 2006-02-19 11:35 | Motivation | Comments(0)