作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:Shifting( 7 )

シフティングの基本は瞬間移動-脱力すること

シフティング(ポジション移動)は、4本しかない指を使って幅広い音域の音を出すために必要になるので、指がたくさんあればシフティングは必要ありません。というわけで、シフティングの基本は、移動したことが分からないような瞬間移動だと考えています。

瞬間的に移動するためには、移動の動きを素早く行うことと、移動を始めた瞬間にすぐに脱力することが必要ですね。特に、脱力が上手く行かないと、その後の指の動きが鈍くなってしまいます。イメージとしては、上行音型でのシフティングであれば、肘のところに脱力すると縮むバネがついているような感じでしょうか。

また、静止している状態から動き出すまでのステップが少なければ少ないほど、動き出しやすくなります。そのためには、弾くときにネックを握り締めないようにすることですね。握り締めていると、一旦緩めないと動き出せません。いつでも動けるようにしておくことが大切ですね。これは楽器の持ち方・支え方そのものに関係してきます。

それから、シフティングの途中では、(ガイディング・フィンガーと呼ぶ人もいますが、通常は、)人差し指を残して、滑らすような感じになりますが、これも、できるだけ摩擦が少なくなるようにした方が、移動が素早くできます。シフティングに習熟すれば、指をほとんど滑らせずに移動することができるようになります。

ただし、それは体がそれぞれのポジションでの腕や手の形を覚え込んだ後のことですので、まずは、正しい音程を意識しながら丹念に練習していくことですね。
by violink | 2015-03-05 05:46 | Shifting

長い音階・分散和音の練習

上行でも下行でも、長い音階や分散和音を楽々と弾きこなせると、カッコいいですよね。。。それを出来るようにするためには。。。

長い音型は、それだけポジション移動の回数も多くなるわけですが、そのポジション移動の度に頭の中をリセットしていくような感覚が必要だと思うんですね。頭の中をリセットすることで、左手から余計な力が抜けていく準備になるわけですね。

とすると、ポジション移動のタイミングがある程度規則的になる方が、頭の中をリセットしやすいので、そういうことを考えながらフィンガリングを決めます。大抵の場合は、音型に何らかの規則性があると思いますので、それをヒントにしてフィンガリングを決めます。

最もやりやすいパターンは、同じ音型を反復する場合ですね。多少複雑に見えるが実際にはそうでないパターンは、臨時記号が多少付いているために音型としては規則性が若干崩れているものの、フィンガリングは割とシンプルに決められるような場合ですね。

さて、そのようにフィンガリングを決めてから、実際の練習の段取りとして僕がよくやることは、①あるポジションで弾く音の塊を取り出して練習する、②あるポジションから別のポジションに移るところの練習を繰り返し行う、③全体の音型をポジション移動の直前で止めて、ポジション移動直後の音程のイメージを頭の中で作った上でポジション移動をする。④全体を楽譜どおりの音価でゆっくりしたテンポで流してみる、⑤徐々にテンポを上げていく。。。といった順番でしょうか。

それから、練習中に、(特に左手に)余計な力が入っていないかについても、常に気をつけて、多少力が入りすぎたと思う場合は、ブレイクして体の力を抜く、ということも臨機応変にやってみるとよいでしょうね。
by violink | 2005-02-13 22:27 | Shifting

ポジション移動の精度を上げるために(その2)

実は、(その1)の方は去年の3月の記事にあります。続編を投稿するのをすっかり忘れていました。。。

ポジション移動の精度を上げるために、ポジション移動をするスピードという視点があります。人間の手は、ばね仕掛けの機械ではありませんので、あるポジションから別のポジションへ瞬間的に移動するということはないですよね。どうしても移動に時間がかかります。

そこで、音と音との間を滑る音が、多少は入ってしまうわけですね。さて、こういう滑る音は入ってはいけないのでしょうか? それとも、入ってもよいのでしょうか? 

私の答は、音楽表現の妨げにならなければOK、ということです。また、ポジション移動の途中で弓を返す場合とか、返さない場合でも弓の方を少し工夫することで、この滑る音はある程度目立たなくすることはできます。

むしろ、滑る音が入らないようにと、せっかちにやると、上手く行くものも行かなくなったりしますので。。。

というのが、続編で書こうと思っていたことです。。。
by violink | 2005-02-13 21:58 | Shifting

負荷をかけること(ポジション移動編)

先日のメモで、負荷をかけることについて書きました。
(ここです。http://violink.exblog.jp/m2005-02-01/#1639875)

ポジション移動の練習で負荷をかけるとは。。。
いろいろ方法があると思いますが、ここでは2つだけアイディアを出してみます。

その1: ポジション移動の前後の音のリズムを変えて、より素早い移動の練習をする。

例えば、8分音符2つの間で移動するようなところで、16分音符と付点8分音符に分けて、
素早く移動するような練習ですね。余計な力が入っていると、音程が当たらなくなります。
というように、問題点が増幅されるので、上手く行っている行っていないがより分かりやすく
なりますね。

その2: ポジション移動を片道だけでなく一往復半やって、移動の動きの安定性を高める。

ポジション移動には上向きと下向きとがありますが、普通、曲の中で出てくるのは、
そのどちらか一方ですね。これを上向き下向き両方の動きを取り入れて練習することは、
余計な力を入れずにポジション移動をするトレーニングになりますね。

この2つの何れも、要は、曲の練習の中にエチュード(練習曲)の要素を取り入れている
わけですね。そういうアプローチは、いろいろな形で応用できますし、手軽に練習の成果を
上げるのに役立つと思いますね。
by violink | 2005-02-10 19:30 | Shifting

ハイポジションでの下行のポジション移動

ポジション移動というのは、上がるのと下がるのとで、微妙に手の動きが違うのが普通です。低い方のポジションで言えば、一番分かりやすいところでは、左手の親指の動き方の違いがありますね。上がるときには手のひらと一緒に上がりますが、下がるときは一瞬先に降りてきます。(更に言えば、下がった後のポジションでの親指の位置に、先に親指が行き着いて、それに手のひらが付いてくる、という感じでしょうか。ホンの一瞬のことですけれど。)

ところが、高いポジションでは、コトはそれほど単純ではありません。手のひらが楽器に接触する仕方が、ポジション毎に変わってきてしまうので、低いポジションの中でポジション移動する場合に比べて、手の動き(=手のひらも腕も)が複雑になってきます。

このため、高いポジションの中でポジション移動をするときには、上がるのと下がるのとで相当手の動きが違ってくる方が、安定した動きをするためには自然であるように、私には思われます。

これは、文字にするのは却って分かりにくいのかも知れませんが、要は、上がる時には腕全体で上がっていくのに対して、下がる時には、親指を軸にして手のひらだけが先に移動して、その後のどこかの段階で、腕の位置のつじつまを合わせるということです。(言っている意味、分かりましたか。。。?)

言い換えれば、手のひらを開いている状態から閉じた状態にするようなイメージですかね。どう言えばよいでしょうか。。。(と、聞かれても困りますよね。(笑))

あくまで、私の場合は、という話なので、念のため。。。
by violink | 2004-11-18 00:57 | Shifting

ポジション移動の練習

ポジション移動の練習というと、大抵は移動した後の音程が正しいかどうかだけに注意が行きがちですが、そのような練習を繰り返しても、なかなか体は覚えてくれません。

ポジション移動の動きは大きく分けて2つあります。①手の位置を移動することと、②正しい音程のところに指を落とすことですね。

①は、ガイディング・フィンガーを意識するということですね。分かりやすい例は、ポジション移動をするときには、人差し指で押さえる音が何の音から何の音に移るのかを、常に意識するということですね。ガイディング・フィンガーは、人差し指ではない場合もあります。

②は、人差し指で正しい音程がとれているとして、中指、薬指、小指を正しい音程のところに落とせるということですね。低いポジションと高いポジションとでは、指の間隔が変わってくることに注意する必要がありますね。特に、高いポジションでは薬指と小指の間の音程が広めになりがちです。

まあ、①と②を別々のものとして意識しながら練習していけば、上達も早いのではないでしょうか。
by violink | 2004-04-09 13:24 | Shifting

ポジション移動の精度を上げるために(その1)

まず、ローポジションとハイポジションとで、ポジションの移動に伴う手や腕の動きが大きく違うことに注意するとよいですね。一言で言えば、ローポジションは平行移動、ハイポジションは拡張というイメージですね。

その上で、手や腕を動かす練習ですが、楽器の持ち方にもかなり関係してきますね。楽器の支えを顎のところと左手のところでどう分散するかが、スムーズなポジション移動をするための一つのポイントになってきます。

それから、基本的に左手は楽器をつかむのではなく、楽器をはさんでいるという感覚ですね。確かに指を弦の上に下ろす瞬間は、コツンと音がするくらいですが、その直後には力が抜けている状態になる必要があります。そうなっていないとスムーズにポジション移動ができないですね。

あとは音程のことですが、よくアマチュアの間で「飛びつき」などと言っている、長い距離を当てずっぽうで移動するのは、スリルはありますが、間違ったイメージですね。基本的には、ガイディング・フィンガーといって、正しい音を押さえるために、音には関係ない指できちんと移動しておく(通常は人差し指です。)習慣が大切だと思います。

なお、音程などというものは、指を押さえる場所がコンマ数ミリでもずれれば外れてしまう(特にハイポジション)ので、百発百中というのはもともと無理だと割り切って、上手く行かなかったときに素早く修正することの方が、はるかに大切ですね。

そのためには、指が移動する前に、移動後の音程を頭の中で鳴らしておく訓練をすることですね。

ちなみに、ポジション移動の精度を上げるということに関して、移動するスピードという重要なポイントがありますが、これについてはいずれ書きたいと思います。
by violink | 2004-03-24 22:01 | Shifting