作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2004年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ゆっくり練習するということ

インテンポでは速すぎて弾けないところは、ゆっくりしたテンポで練習することになります。ゆっくりした練習ということには2つの意味があると思いますね。

一つ目はリズムはそのままテンポだけを落とすということで、これはメトロノームの数字を下げて行う練習のことです。インテンポのときと各音の音価の比率は同じです。これは、物理的なメカニックとして、指が回らないなどの問題を解決するための練習方法で、筋トレで少しずつ負荷を上げていくのに似ています。

2つ目は自分がやっていることに十分注意が払えるくらいの速さにするということです。注意を払う対象はいろいろありますが、主なものは、音の出だしと音程です。さらには、ヴィブラートのこと(幅と速さ)や、音色のイメージ(弓の速さ、力の乗せ方、駒からの距離)やテンポの揺らし方といった要素が含まれてきます。

これらの要素を、練習の最初の段階では、別々の練習として行っていくのが望ましいと思いますね。ただし、実際の演奏(本番)では、これらの要素すべてが関わってくるので、練習が進むと、これらの要素に同時に気をつける必要があります。

もちろん、練習を通じて体が覚えていくので、気にせずにできる要素が増えていくわけですが、それでも、まったく無意識の外に追いやるわけでもありません。要は、インテンポでこれらのことに同時に注意が向けられるだけの余裕を持ちたいわけですね。

この意味での(=2つ目の)ゆっくりしたテンポというのは、こうした要素に注意を向ける余裕を持てるテンポのことで、1つ目のテンポよりも遅い場合が多いですね。

大切なことは、例えば、物理的に指が回っていても、音程が正確にとれているかに注意する余裕がないことが多いということですね。ゆっくりした練習というときに、1つ目の意味だけで捉えがちということです。2つ目のゆっくりが大切で、この点に注意することが、ゆっくりした練習で成果をあげるために、どうしても必要なんだと思います。
by violink | 2004-03-31 08:36 | Practise

一生楽しんでいくために...

バイオリンは、弾き方を身体に馴染ませていく楽器です。しかも、弾いている姿勢はかなり不自然だったりします。ただでさえ不自然な姿勢なのに、難しい曲を弾こうとして、いろいろ無駄な力を入れてしまったりします。

長い間そういう無理を続けると、やはり身体にも影響が出てくる可能性がありますね。

どんな無理なことでも、自分なりに慣れてしまえば、あまり気にならなくなったりします。そうすると、知らず知らずのうちに、身体に負担をかけ続けることになったりもします。

一流の演奏家は、ここぞというところでは、とてもダイナミックな演奏をしますが、それでも力んではいないものです。

そういう無駄のない弾き方というのは、普段から心がけて身につけていくしかないのでしょうが、常に問題意識を持っていれば、少しずつ感じがつかめてくるものだと思います。
by violink | 2004-03-29 18:59 | Others

正しい音程で弾くには...

これは、気長にやっていくしかない課題です。というか、いつでも気をつけていないといけない課題ですが、気をつけたからといってすぐに正しい音程で弾けるものでもないですね。

指を正しい場所に置くということの前に、頭の中で音を鳴らしてみることが大事ですね。これは、楽器を持っていなくてもできることですね。そのときに、ボンヤリとやるのではなくて、微妙な音程の違いに気をつけながら、正しい音程というか、自分が気持ちがいいと思える音程をその都度見つけ出すことが大事ですね。

そうすることで、長い時間の間には、その音程が自分の音程として定着してくるのだと思います。もちろん理論的に正しい音程というのはあるのでしょうが、プロも人によって微妙な音程のクセが違ったりするのですから、あまり「正解は一つ」と思わない方がよいでしょうね。

このことは、実際に弾く時にも言えることで、指を正確に押さえるというのは至難の業なので、頭で鳴らしている音と違う音が出たときには、瞬時に調整するワザの方が大切になってきます。(そのためにヴィブラートを活用したりしますね。)

また、音程は高い低いといいますが、これを明るめ暗めというイメージで捉えてみると、メロディーの表情を表現するときに、「ここはわざと高めにとって明るいイメージを出す」とかその逆とかというヴァリエーションが出てきますね。そういう自分なりの味付けが出来るようになると、相当面白くなってきますね。
by violink | 2004-03-29 13:04 | Pitch

ヴィブラートとは

ヴィブラートとは音を揺らすことではありますが、あの絶妙な響きは決して音程の上下のみによってもたらされるものではありません。

むしろ、正しい音程のツボにはまった時の豊かな響きと、そこから少し音程がズレた時の若干くすんだ響きとの間の行き来によって、この響きの違いがヴィブラートの響きの美しさをもたらすのだと思いますね。

したがって、ヴィブラートの練習では、まず、正しい音程をノン・ヴィブラートで弾くということが重要になってきます。そのときに、ヴィブラートをかけるときの指の動きを考えて、指板の上での指の立ち方に注意する必要がありますね。

ヴィブラートは正しい音程から若干低めの音程への動きなので、上記の練習をするときには指がしっかり立っていることを確認します。

ヴィブラートにも速さや幅にいろいろヴァリエーションがあり、それらを分けて練習する方法もあるでしょうが、絶対的な速さと幅の組合せがあるわけではないので、そういったものは、音楽の中で工夫しながら身に着ける方が現実的だと思いますね。

それから、ヴィブラートの練習では、左手の肘から少し手首寄りのところに力が入ってしまったり、指板を左手のてのひらでしっかり握ってしまったりしがちなので、あまり長い間続けて練習せずに、休み休みにして、こういう点をチェックしながらやるとよいとでしょう。
by violink | 2004-03-28 18:17 | Vibrato

左手の押さえ方

実際の演奏では、左手の指をおろすのは、できるだけ低い高さからできるだけ素早くおろすのが大切だと思っています。よく言われる、指をたたくように指板に落とすのは、練習としては意味がありますが、あくまでトレーニングと捉える方がよいと思います。

というのも、高いところから指を下ろすのには時間がかかるため、早い動きに対応できないからです。

なお、たたく練習をするときにも、指が指板に降りた直後には脱力できているように慣らしていくのがいいでしょう。

それから、左手を押さえるときに、一音ずつ押さえていく必要がある場合ももちろんありますが、例えば、2本以上の弦の間を動くようなメロディーの場合は、弦から放す必要がない指はそのまま置いておくようにすることで、ずいぶん楽になることがありますね。

この感覚を推し進めていくと、あたかもギターでコードを押さえているように、音のほうはポロロンというのに指の方が一回押さえたままというのを、バイオリンでも応用するということになってきます。

実際、とんでもなく速いメロディーでは、左手と右手(特に移弦)の両方に神経を使いながら弾くのでは、演奏の精度が落ちるので、左手の押さえ方を工夫することで、右手に神経を集中できるようにするのも、工夫の仕方として重要ですね。
by violink | 2004-03-28 18:08 | Fingering

スピッカートについて...

音をチャカチャカと細かく歯切れよく切る弾き方、大雑把に言えば、これがスピッカートですね。バイオリンの超絶技巧の曲などでは、ものすごい速さのスピッカートと左手の指の驚異的な動きが出てきます。

このスピッカートは、何しろ一音が短いので、音がきちんと立ち上がらないと即失敗です。なので、音がかすれないように注意する必要が特にありますね。

弓を弾ませることに気持ちが行き過ぎると、弦に弓をぶつけるような弾き方になったり、弓幅が大きくなり過ぎたりしますね。いずれの場合も、音がきれいに立ち上がらなかったり、音がかすれたりして、上手くいかないですね。

むしろ、とにかく少ない幅の弓で音を立てる練習をするのが効果的だと思います。

弾ませることよりも、音がきちんと立ち上がることの方が、聴覚的にははるかに重要ですね。音がきちんと立ち上がっていれば、弾んでいるかどうかは、あまり聞いている方には分からないこともあります。

というわけで、少ない幅の弓で音が立ち上がるような弾き方では、弓の方が自然に弾んでくる、くらいの感覚でやってみると、案外上手くいったりします。
by violink | 2004-03-28 06:07 | Bowing

ボーイングで一番大切なこと

それは、何といっても音の出だしのところですね。出だしのところでサウンドが決まってしまい、弾きだしてからいろいろやっても遅いんですね。

弾きだすときに、弦の振動を邪魔しないように、しかも最大に振動させるようにするのが理想ですね。大抵は、このどちらかが出来ていないということだと思いますね。

これが出来るようにするための練習では、弾く瞬間に聞こえる子音のようなものに耳を澄ませることです。イメージの持ち方としては、「タ」の音でしょうか。これが「ザ」というようになりやすいんですね。

弾く場所や弓の速さや力によって変わってきます。あまりいろいろ考えずに、指板の方で、力を入れないで「ファカファカ」と刻んでみて、弾く場所を少しずつ駒の方に寄せてくると、「サカサカ」、「タカタカ」というように子音が少しずつハッキリしてきます。

それで駒により過ぎると、音がかすれてしまうわけですが、その直前の状態で、弓を返すときの子音に注意してみるとよいでしょう。音と右手の感覚の両方で感じてみるとよいと思います。

あともう一つ、音の弾き終わりもかなり大切ですね。振動している弦が、弓を離しても振動し続けるように、余韻が残るように心がけるといいと思います。
by violink | 2004-03-26 13:08 | Bowing

上達のポイント

バイオリンを上手く弾くには、①楽器から良い音を出す、②良い音楽を奏でる、の2つの面から攻めて行く必要がありますね。②は音楽の勉強とかセンスとかが関係することで、①とは別のことです。ここでは①について取り上げます。

要は、正しい音程で良い立上りの音を出せるかどうかということに尽きます。尽きるんですが、音程がとりにくかったり、きちんと音が立ち上がらなかったり、ということが起きるんで、それを少しずつ解決していくのが、練習することだと言えるでしょう。

突き詰めれば、音には2種類しかなくて、それは、①前の音からスラーでつながっている音と、②前の音とつながっていない音です。①の音は、大雑把に言えば音程だけの問題で、②の音は音程だけでなく音の立上げの問題が絡んできますね。

要はそういうことなので、練習をするときにも、何しろ音程と音の立上げが上手く行っているかということに、一音ごとに気をつけることが必要になりますね。

このプロセスを丁寧にやっておけば、「いちいち気をつけなくても上手く行く」という部分が少しずつ増えてきて、楽に弾けるようになってきますね。
by violink | 2004-03-25 12:42 | Practise

クォリティの高い音とは...

よい音って何でしょうね。雑音の少ない音でしょうか。これは遠くにきれいに響いていきますね。楽器が自然に鳴っているときに出てくる音です。

楽器が自然に鳴るためには、音の出し方ももちろんですが、音程も非常に大切ですね。音程が合った状態というのは、カメラでピントが合った状態に似た感覚がありますね。音のすべての要素が一点に収斂していくような感じです。

逆に、こういう収斂する感じが分かってくれば、これが感じられるかどうかで音程が合っているかどうかも分かるようになりますね。

ただ、楽器も弾き込んでいって初めてこの収斂する感じがよく分かる鳴り方をするようになってきますね。自分の楽器がこの「境地」に達するようにするためには、丹念に正しい音程で、よい音の出し方で弾いていくということを、気長にやっていく必要があります。

このようにして、素材としてのよい音が身についてくれば、音色の幅を広げていく準備ができてきたということだと思いますね。どういう弾き方をすればどういう音がするのか、いろいろ試行錯誤して、自分なりにつかんで行くのがいいでしょうね。

要は、弓のどのあたりで、駒からどのくらい離れたところを、どのくらいの弓の速さで、どのくらい重みを乗せて弾いたら、どんな音がするのか、ということの実験の蓄積だと私は思っています。

あとは、自分の好みの問題で、「こういう音色に惹かれる。こういう音を出したい。」という欲求が強いほど、音の突き詰め方も厳しく細かくなっていくのだと思いますね。
by violink | 2004-03-25 01:39 | Sound

ポジション移動の精度を上げるために(その1)

まず、ローポジションとハイポジションとで、ポジションの移動に伴う手や腕の動きが大きく違うことに注意するとよいですね。一言で言えば、ローポジションは平行移動、ハイポジションは拡張というイメージですね。

その上で、手や腕を動かす練習ですが、楽器の持ち方にもかなり関係してきますね。楽器の支えを顎のところと左手のところでどう分散するかが、スムーズなポジション移動をするための一つのポイントになってきます。

それから、基本的に左手は楽器をつかむのではなく、楽器をはさんでいるという感覚ですね。確かに指を弦の上に下ろす瞬間は、コツンと音がするくらいですが、その直後には力が抜けている状態になる必要があります。そうなっていないとスムーズにポジション移動ができないですね。

あとは音程のことですが、よくアマチュアの間で「飛びつき」などと言っている、長い距離を当てずっぽうで移動するのは、スリルはありますが、間違ったイメージですね。基本的には、ガイディング・フィンガーといって、正しい音を押さえるために、音には関係ない指できちんと移動しておく(通常は人差し指です。)習慣が大切だと思います。

なお、音程などというものは、指を押さえる場所がコンマ数ミリでもずれれば外れてしまう(特にハイポジション)ので、百発百中というのはもともと無理だと割り切って、上手く行かなかったときに素早く修正することの方が、はるかに大切ですね。

そのためには、指が移動する前に、移動後の音程を頭の中で鳴らしておく訓練をすることですね。

ちなみに、ポジション移動の精度を上げるということに関して、移動するスピードという重要なポイントがありますが、これについてはいずれ書きたいと思います。
by violink | 2004-03-24 22:01 | Shifting