作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
最新のコメント
おはようございます。 ..
by 水樹 at 06:45
久々のブログ更新、嬉しい..
by g54vkfei at 19:53
はじめまして。 とって..
by rurujojo19patsy at 16:30
たいへんためになりました..
by shiro_wassan at 08:12
いつも素晴らしいブログを..
by hanako at 04:20
クロモジさん、ご返事が遅..
by violink at 00:28
始めまして。「脱力とイメ..
by クロモジ at 20:00
ものすごく細かく丁寧に ..
by 雨 at 22:10
名演奏とは何か? 生の..
by 漂泊のオケマン at 21:12
バッタさん、どういたしま..
by violink at 05:31
ありがとうございます。 ..
by バッタ at 21:33
バッタさん、はじめまして..
by violink at 13:01
はじめまして。     ..
by バッタ at 13:43
こんにちは。 私もバイ..
by まい at 14:48
VIOLINK様 あけ..
by のりのり at 22:12
お久しぶり、高嶋です。と..
by akko-dolce-vita at 03:33
はじめまして。 私も佐..
by Lily♪ at 13:11
先日、娘と二人、オルガン..
by kawailaw at 22:13
こんにちは。だいぶ前にこ..
by askascpa at 23:21
ハクさん、こんにちは。 ..
by violink at 17:55
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2004年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

弓を動かすときの安定について

 ボーイングで大切なことは、自分が意図しない音が出ないということですね。そして、それは大抵の場合、弓の動きが安定していることによって達成されますね。

 ところが、そもそも弓は弾力性を持ったもの(特に良い弓はそれが顕著ですね。)ですので、腕が余計な動きをすると、それが音になって表れてしまいやすいですね。特に、腕に余計な力が入っているような場合に、不必要な動きが出てきて、それが音に表れるということが多いと思います。

 そこで、弓を動かすときに、いかにして安定感を持てるようにするかということが、大切になってきます。もちろんその答は、右手のトレーニングを十分に行うということです。ただし、仮に右手の動きが完璧になったとしても、それだけでは弓の動きは安定しないものです。なぜなら、弓の動きが不安定になって困るのはそれが音に出た時ですが、音に出るのは弓が弦に触っている間、特に、弓が弦に触る瞬間であるからですね。

 そうなると、左手による楽器の支えがとても大切になってきます。弓が弦に触る瞬間の体の動きを、弓が一方的に楽器に近づいていくというのではなく、弓を楽器が迎えにいく、という感覚で捉えるようにしてみます。非現実的な例えですが、飛行機の着陸のときに、飛行機の方が高度を下げて滑走路にできるだけ衝撃が少なくなるように着地する、というのではなく、飛んでいる飛行機に地面の方が近づいていく、というイメージでしょうか。後者の方がより衝撃が少ないような感じがしませんか?

 次に、弓で音を出している間のことですが、この場合は、弓でロングトーンを弾いているときに何らかの原因で生じるタテ方向の振動(=これが音に出やすいんですね。)を、左手で支えている楽器の方でクッションのように吸収するというイメージです。それができるためには、楽器を構えているときに、脱力ができていて左手がリラックスしている必要がありますね。

 以上に書いたようなアプローチは、弓を動かすときに右手にばかり向きやすい注意を左手の方に持っていくことによって、右手を楽にするという効果もありますね。「弾くときに弓と弦との接点に気持ちを集中する」という言い方もできます。いずれにせよ、イメージの持ち方を変えることによって、弾きやすさが相当変わってくる、ということが実感できると思いますね。
by violink | 2004-07-23 06:08 | Bowing | Comments(2)

事務連絡です。。。

 いつもいろいろとコメントをいただき、ありがとうございます。今回は、そのコメントについて、お願いが一つあります。

 このブログへのコメントを寄せていただく際に、コメントの内容を第三者に公開するかブログの作者だけが読めるようにするか、が選べるようになっています。特にプライベートな内容については、ブログの作者限定で送っていくのがよいと思いますし、既に何人かの方から、そのような形でコメントをいただいています。

 そのようなプライベートな内容のコメントについて、私から何らかの回答を差し上げたいと思うことがあるのですが、その方のメールアドレスが分からない限り、私からその方個人宛に回答をお送りする方法がありません。このブログの上では、私からは全ての人が読めるコメントしか書けないんですね。それで、どうしても当たり障りのない内容になってしまいます。

 そこで、今後、プライベートな内容のコメントで、回答をご希望される場合には、①ブログ作者のみが読めるようにチェックを入れた上で、②コメントの中に返信用のメールアドレスを書き込んでいただければと思います。(もちろんメールアドレスはコメントへの回答以外の目的では使用しません。ジャンクメールが増えても、私のせいではありませんので。。。(笑))

 プライベートなコメントで回答希望のものであれば、必ず回答はいたしますが、多少はお時間をいただくかも知れません。至急の回答が必要な場合は、その旨も併せて書いていただければと思います。

 以上、よろしくお願いいたします。
by violink | 2004-07-20 13:15 | Others | Comments(0)

ヴィブラートのコントロール

 ヴィブラートをかけるときには、幅と速さをコントロールすることによって、(さらに、場合によっては音程も工夫することによって、)表情にヴァリエーションを持たせるものですが、このようなヴァリエーションをつけるための技術的なポイントとしてよく言われるのは、腕全体でかけるとか、手首から上でかけるとか、さらには指先だけでかけるといった区別をするイメージですね。

 このような区別を実際に動きとして実現するためにも、実は左手の親指の役割がとても大きいですね。ヴィブラートの動きそのものは、たとえ手首から上だけでかけるヴィブラートであっても、腕の方から動いているのが普通ですが、そのときに手首から先が動きの中心になるか、腕全体が動くかの違いは、左手の親指の使い方の違いによってやりやすくもやりにくくもなるという感じがしています。

 具体的には、「親指」と「親指を除く手のひら」との動きを連動させるかさせないかということだと思います。これらの動きを連動させると腕全体が一つの動きをしますし、連動させないと腕と手のひらの動きが別々のものになってきます。この違いを意識することによって、腕のヴィブラートと手首から先のヴィブラートの違いがつけやすくなると思いますね。

 そのためには、振るわせる場所を「腕全体」とするか「手首より先」にするか、と捉えるのではなく、左手の親指の関与の仕方に注目するということだと思います。

 次に、これはヴィブラートの幅とも深く関係してくることですが、親指とネックとの関係として、特に親指からネックに対して、どちらの方向に力が加わっているかということが大切だと考えています。親指は、単にネックのところで楽器の重さを支えているわけではなく、ネックに対して斜め前か斜め後ろの向きに力が入っていることが多いと思います。こうした違いで、ヴィブラートをかけるときの幅のコントロールがやりやすくなったりもしますね。

 以上に書いた左手の親指の役割は、あまり意識しすぎると、かえって硬直してしまいます。実際には微妙な力の使い方でこうした親指の役割を変えていくことができると思いますので、余計な力が入っていないことを確認しながら練習をすることが大切ですね。
by violink | 2004-07-20 00:07 | Vibrato | Comments(0)

このブログのコンセプトについて

 早いもので、このブログも始めてから4カ月が過ぎようとしています。その間にいろいろな形でたくさんの方々からこのブログの内容について、コメントをいただいてきました。今回は、少し立ち止まって、このブログのコンセプトについて書きたいと思います。

 まず、このブログは作者自身の頭の整理のためのメモだということです。私自身、アマチュアのバイオリン弾きとして、日々進歩を心がけている身です。その道程を時々振り返りながら、自分なりにつかんだと思うことをここに書くようにしています。それが正しかったかどうかは、ここに書いてみて、そして時には皆さんからのコメントをいただいてみて、初めて実感したりもします。さらに理解が深まったりもします。それに応じて、このブログの内容も成長していくのだと思います。

 次に、このブログは基本的にバイオリンを弾くときの技術的な側面にスポットを当てています。私自身、室内楽を愛する者であり、このブログで、人とのアンサンブルのノウハウということも言葉にしてみようと思ったりもするのですが、経験上、自分自身の弾き方に問題があってアンサンブルが上手く行かない、ということがとても多かったんですね。そこで、技術的な側面を先に取り上げることにしました。(いつになったら、アンサンブルのノウハウの話にたどり着くんでしょうか。(笑))

 バイオリンを弾くことは、体で覚えていくことですから、言葉で書くこと自体が、また、言葉で読むこと自体が上達につながっていくわけではありません。しかし、よく言われるように、自分が既に知っていると思っていることでも、人に話してみたり、言葉に書いてみたりすることで、実は理解していないことが分かったり、逆に理解が深まったりすることがありますね。このブログを作っていく過程で、私自身、そのような手応えを感じています。

 最後に、このブログは「私はこう考えます。私はこうしています。」ということ以上を語るものではありません。逆に、皆さんにとって、「自分はこう考えます。自分はこうしています。」ということが明確になるお手伝いができるのであれば、これほど嬉しいことはありません。

 数百年にもわたってほとんど形も変わらずに人類に愛されてきたバイオリンという楽器に出会えたことをお互い喜びながら、これからも楽しくバイオリンと付き合って行きたいものですね。
 
 
by violink | 2004-07-16 04:05 | Introduction | Comments(3)

指がもつれるときは(補足)

 前回のメモの内容について、「指がもつれるのは左手と右手のコンビネーションがうまくいっていないから」というコメントをいただきました。

 私が書いたのは、例えばスラーの中で音がコロコロ変わるようなときに、音符通りに指が動かないような場合をイメージしていたのですが、むしろ、右手と左手とが合わないことに苦労されていることの方が多いようです。

 右手と左手のコンビネーションということについては、①左手の指が音符通りに動くこと、②右手の弓でリズム通りにしかも弾くべき弦で弾ける(=移弦がきちんとできる)こと、の2つがそれぞれ独立してきちんと出来て、初めて左手と右手のコンビネーションが上手く行くものですね。

 このように、左手と右手を別々に練習するということが、一つのアプローチになってきます。その練習ではゆっくりから徐々にテンポを上げていくのは当たり前ですね。その上で。。。両方を一緒に組み合わせてみます。そのときに、両方一度にやりつつも、自分の意識としては左手か右手のどちらかに集中してみるようにするとよいでしょう。

 というわけで、今回は、皆さんからのコメントを踏まえて、多少補足をしてみました。弾けないところを克服するための練習方法は、いろいろあると思います。こうしたら上手くいった、というような話がありましたら、是非、コメントをいただけると嬉しいです。
by violink | 2004-07-12 20:20 | Fingering | Comments(0)

指がもつれるときは

 早いパッセージを弾くときや、同じ音型を繰り返すような場合に、左手の指がもつれることがありますね。大抵は、メカニカルな問題であり、ともかくもそのテンポでその音型が弾けるようにするために、ゆっくりしたテンポから練習していくことで解決します。

 ただし、練習して弾けるようになったはずなのに時として弾けなくなる、ということがあります。これはもはやメカニカルな問題ではなくて、頭と指との連携が取れていないことによる場合が多いですね。

 練習できちんと弾けたのに時として弾けないことがある、というのは、練習の時には入っていなかった力が入っているためであることが多いです。そして、そういう力が入る原因は、実は頭の中での音の塊の捉え方にあったりするんですね。

 要は、頭は指の動きを一音ずつ切り離して認識するのではなく、いくつかの音の塊として認識するということなのだと思います。その塊とは、例えば、同じポジションで弾くいくつかの音をひとつの塊で捉えるとか、同じパターンが繰り返されるパッセージではそのパターン一つ分をひとつの塊と捉えるとか、そういうことですね。

 そういう塊ごとに捉えていくと、次に、その塊ごとに頭の中をフレッシュにしていくようなイメージが大切になってきます。パソコンで言えば、不要なデータが詰まったキャッシュをクリーンにするようなことでしょうか。

 弾き終わった音のことは忘れて構わないわけです。逆に、これから弾く音に神経を集中する必要があるわけですね。頭から指に伝わるには、一定のタイムラグがありますので、まずは頭の中でしっかりと次に出てくる音型をイメージして、それから弾く、という順序で物事が進んでいくようにする必要があります。

 特に、テンポが速くなってくると、心して早め早めに頭で次の音型を捉えていかないと、指が追いつかなくなってきます。速いテンポで弾けない、ということの原因は、頭で音を捉えるタイミングが遅い(=逆に、指をそのテンポで動かすこと自体はできる)ということが結構あるものです。

 このように頭を使えるようにするための練習も、ゆっくりから始めるのが効果的ですね。最初はぎこちないと思いますが、慣れてくると驚くほど左手の動きがスムーズになってくるはずです。(もちろん、まずは部分練習で物理的にインテンポで左手の指が回るようになっていることが大前提ですけれど。)
by violink | 2004-07-09 07:04 | Fingering | Comments(0)