作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
最新のコメント
おはようございます。 ..
by 水樹 at 06:45
久々のブログ更新、嬉しい..
by g54vkfei at 19:53
はじめまして。 とって..
by rurujojo19patsy at 16:30
たいへんためになりました..
by shiro_wassan at 08:12
いつも素晴らしいブログを..
by hanako at 04:20
クロモジさん、ご返事が遅..
by violink at 00:28
始めまして。「脱力とイメ..
by クロモジ at 20:00
ものすごく細かく丁寧に ..
by 雨 at 22:10
名演奏とは何か? 生の..
by 漂泊のオケマン at 21:12
バッタさん、どういたしま..
by violink at 05:31
ありがとうございます。 ..
by バッタ at 21:33
バッタさん、はじめまして..
by violink at 13:01
はじめまして。     ..
by バッタ at 13:43
こんにちは。 私もバイ..
by まい at 14:48
VIOLINK様 あけ..
by のりのり at 22:12
お久しぶり、高嶋です。と..
by akko-dolce-vita at 03:33
はじめまして。 私も佐..
by Lily♪ at 13:11
先日、娘と二人、オルガン..
by kawailaw at 22:13
こんにちは。だいぶ前にこ..
by askascpa at 23:21
ハクさん、こんにちは。 ..
by violink at 17:55
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

テンポのコントロールについて

テンポといえばメトロノーム、メトロノームといえばインテンポ。インテンポ以外は、アッチェレランドとリタルダンド。。。と、このように割り切ってしまえば、弾く側はそれなりに楽なのでしょうが、聴く側からすれば大変辛いモノがありますね。

自分が弾くことになっている曲をCDで流しながらメトロノームを鳴らしてみても、なかなかハマッてくれないという経験は誰しも一度はあることと思います。しかし、それでテンポは揺れるものと短絡して、自由自在にテンポを揺らして弾いてみると、今度は聴いている人から「気持ち悪い」と言われますし、知らず知らずのうちに、そのようなテンポの揺らしが癖になってしまいます。

テンポというものを、速さとしてではなく、気持ちの盛り下がり、盛り上がり、落ち着きなどというように捉えてみるとどうでしょうか。気持ちとはみえないものです。それをテンポで表現するのですから、余り露骨に動かしてもそれらしくはなってきません。

メトロノームを鳴らしながら、そのテンポに乗ってはいるけれども何となく後ろに倒れたテンポとか、逆に、何となく前傾姿勢のテンポというものをイメージしてみましょう。あるいは、インテンポから徐々に後ろ倒しになるテンポとか、インテンポから徐々に前傾姿勢になるテンポをイメージしてみましょう。このような重さ、軽さ、徐々に重くなる感じ、徐々に軽くなる感じでありながら、インテンポの上に乗っているというテンポが、実は、いろいろなニュアンスを帯びてくるように感じています。

楽譜上に明確に書かれたアッチェレランドやリタルダンドや速度標語以外のところで、こうしたニュアンスの使い分けをしてみると、音楽が生き生きしてくるとは思いませんか。
by violink | 2005-01-06 20:00 | Tempo | Comments(4)

小指のヴィブラートについて(続編)

小指のヴィブラートは、大変かかりにくいですよね。そのため、知らず知らずのうちに小指を使うことが少なくなり、薬指で代用することが多くなってきたりします。私の場合は、小指も使いますが、それでもヴィブラートに関しては、小指より薬指の方がかかりやすいので、薬指をわざわざ使うことも結構ありますね。

さて、小指のヴィブラートをかける際の工夫の仕方についての続編です。一言で言えば、人差し指に神経を集中するということです。小指にばかり注意を向けていると、小指に力が入るばかりでなかなか上手くかかってくれないのですが、人差し指(=指板から離れていますね。)の指先で、空中でヴィブラートの動きをなぞるようにすることに集中すると、ちょうどよく小指から力が抜けて、ヴィブラートがかかりやすくなったりしませんか?

小指のヴィブラートで苦労されている方は、一度、試してみては如何でしょうか。(上手く行かなければ、まずは小指の力をつけるのが先決かも知れません。)
by violink | 2005-01-06 07:50 | Vibrato | Comments(2)

新年のご挨拶

このブログを立ち上げてから、既に9ヵ月以上が過ぎました。この間、私自身、いろいろな場所で演奏する機会に恵まれ、バイオリンに向き合う時間もそれなりに作ってきました。

もっぱら自分の覚書のつもりで始めたブログでしたが、多くの方々から役に立つコメントをいただき、それが自分の頭の整理にとても役立っております。この場をお借りしてお礼を申し上げます。

このブログを見てくださる方々の中には、私と同様、バイオリンを弾く方だけでなく、ピアノやギターなどバイオリン以外の楽器を弾く方、弓道に造詣のある方、楽器屋を営む方、オーディオ鑑賞が中心の方などなど、様々な方々がいらっしゃいます。それぞれに、このブログの楽しみ方は様々でしょう。

ここ1ヵ月ほど、ブログの更新をしておりませんでしたが、ネタが尽きたわけではありませんので。。。(笑) 実は、非公開モードで仕込みつつあるネタは10個ほどあるのです。来年は、これらに加えて、バイオリンの専門誌などから入手した知識なども、折に触れてご紹介していきたいと思っています。

皆さんお一人お一人にとって、今年が昨年にも増して有意義な年となりますように、お祈り申し上げます。


1月1日 上海にて
by violink | 2005-01-01 06:00 | Others | Comments(2)