作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
最新のコメント
おはようございます。 ..
by 水樹 at 06:45
久々のブログ更新、嬉しい..
by g54vkfei at 19:53
はじめまして。 とって..
by rurujojo19patsy at 16:30
たいへんためになりました..
by shiro_wassan at 08:12
いつも素晴らしいブログを..
by hanako at 04:20
クロモジさん、ご返事が遅..
by violink at 00:28
始めまして。「脱力とイメ..
by クロモジ at 20:00
ものすごく細かく丁寧に ..
by 雨 at 22:10
名演奏とは何か? 生の..
by 漂泊のオケマン at 21:12
バッタさん、どういたしま..
by violink at 05:31
ありがとうございます。 ..
by バッタ at 21:33
バッタさん、はじめまして..
by violink at 13:01
はじめまして。     ..
by バッタ at 13:43
こんにちは。 私もバイ..
by まい at 14:48
VIOLINK様 あけ..
by のりのり at 22:12
お久しぶり、高嶋です。と..
by akko-dolce-vita at 03:33
はじめまして。 私も佐..
by Lily♪ at 13:11
先日、娘と二人、オルガン..
by kawailaw at 22:13
こんにちは。だいぶ前にこ..
by askascpa at 23:21
ハクさん、こんにちは。 ..
by violink at 17:55
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

<番外編>CDのご紹介

実は、このブログでCDをご紹介するのは、これが初めてです。これまで紹介して来なかったのは、皆さんそれぞれ好みがあるでしょうし、また、自分がたまたまそのCDを聴いたから紹介しているというだけで、それ以外にもお勧めするに足るCDが他にいくらでもあるはずなので、今ひとつ気乗りがしなかったんですね。

しかしながら、このブログは、僕自身のために書いているようなものなので、備忘録代わりに書き付けておくのはありだろうと思い、今回は、初めて特定のCDについて書くことにしました。

それは、TDKから最近出たヘンリク・シェリングのリサイタルのライブ録音です。1976年4月に来日した際に、東京文化会館で収録された音源をCD化したものです。FM東京の音源だそうです。CD番号は、TDK-OC010となっています。

そもそも、僕がバイオリンを習い始めた頃、最初に「出会った」演奏は、ダヴィッド・オイストラフのモーツァルトのコンチェルト第3番であり、レオニード・コーガンのベートーヴェンのコンチェルトであり、続いて、ヘンリク・シェリングのベートーヴェンのコンチェルトだったんですね。最初の2つは父親が持っていたレコードでした。

シェリングの端正な演奏スタイルを僕はとても気に入っていて、有名なバッハのソナタ&パルティータのCDは、それこそ「擦り減る」くらいに聴いてきました。

今回ご紹介したCDでは、そのリサイタルで演奏された曲として、バッハのバイオリンとチェンバロのためのソナタ第1番(抜粋)、第3番、第6番、そして、無伴奏ソナタ第1番とパルティータ第2番が入っているほか、シェリングの肉声でバッハの音楽に対する想いが切々と語られています。(実は、シェリングの肉声を聞くのは、僕はこのCDが初めてなのです。)

ライブならではの臨場感もあり、シェリングの愛器であった1743年デルジェス"ex-LEDUC"の力強くもほのかに暗い音色も堪能できて、「ブラボー!」などと叫ばない当時のお行儀のよい日本の聴衆の拍手も一興で、大変楽しめました。

マイクから音源までの距離は、適度に離れているので、発音の様子はあまりクリアに聞こえない面もありますが、S席で聴いたらこんな感じだろうとは思います。ピアノ(伴奏はチェンバロではありません。)とのバランスも、それぞれが必要なところできちんと自己主張しながらも、うまくまとまっています。

今、そのCDを聴きながら書いているのですが、とても豊かな気持ちです。日曜日の夜はこうでないといけません。。。(笑)
by violink | 2005-07-31 21:54 | Others | Comments(0)

<告白編>練習場所のこと

社会人になると時間ももちろんですが、練習場所にも不便しませんか? 

僕の場合は、マンションの賃貸で音漏れが少ない方ですが、それでも思い切り音を出して練習をすることは遠慮されるので、どうしても左手の練習が中心になってしまい、ボウイングの方が疎かになってしまっていました。

。。。と過去形で書いたのは、そう、新たな練習場所を見つけたからです。

それは、カラオケ・ボックスです。昨日、楽器を持って初めて行きました。(笑)
おそらく使っている人は今までも相当いたんでしょう、店員は「楽器の練習ですか?どうぞ、今、広い部屋が空いていないんですけど、いいですか?」という感じで、入店してから3分後には楽器のケースを開けて、早速、練習開始です。

しっかり音を出していない期間が長くなると、楽器にも「コリ」のようなものが出てきて、その「コリ」をほぐすための練習が必要になっていました。それでも、周りのカラオケはさほど聞こえませんし、空調はきちんと効いているし、湿度も50%前後ありましたので、久しぶりに気持ちよく練習ができました。

コミュニティ・センター、音楽ホール、公民館などの音楽練習室を借りて練習するということは、以前にもやったことがあるのですが、事前の予約が必要ですし、予約で一杯で借りられないということもよくあります。それに比べると、まあ、カラオケ・ボックスは、行き当たりばったりで大抵は入れますので、楽ですね。

ただし、使うなら夜よりも日中でしょうね。「カラオケ館」であれば、休日の日中は会員で30分80円が夜間は400円になってしまいます。(時間帯によってワンドリンクの注文が必要です。)

とまあ、カラオケ・ボックスの効用を書きましたが、もう一つだけ。小さな部屋で練習するときは、よく響きすぎて、楽器からどういう音が出ているか、ということに特に注意を向けないといけないので、それなりに疲れますね。広い部屋であれば、それほど意識しなくても楽器から出ている音は聞こえるものです。その点、カラオケ・ボックスは、基本的に皆さん大音量でカラオケをやることを前提に、かなりきちんと防音がなされているので、楽器から出る音が分かりやすいです。(残響もほとんどありません。)

今回は、告白編でした。。。
by violink | 2005-07-31 10:31 | Comments(1)

音程のもう一つの感じ方

音程についてコメントするとき、高いとか低いとか合っているとか、あるいは、明るめとか暗めとか、大抵はそのどれかで用は足りていると思います。

高いとか低いとか合っている、というのは、音程の正確さという視点からの捉え方であり、明るめとか暗め、というのは、実は音程というよりも音そのもののニュアンスに着目した捉え方です。これは、どちらが正しいということではなく、現実にこうした捉え方で音程というものは語られている、ということを言いたかったのです。

さて、僕は、音程をもう一つ別のニュアンスで感じようとしています。それは、一言で言えば、前向き・後ろ向きというニュアンスです。音程を高めに取れば前向き、低めに取れば後ろ向き、ということではなくて、前向きの気持ちを表現しようと思えば、テンポも前向き音程も高め、その逆であれば、テンポも多少抑制して音程も抑えて、というイメージです。

問題は、、、こういうことは結果としてそうなるということで、そうすればそんなニュアンスになるということではないのですね。気持ちの動きと音程やテンポの動きが自然にシンクロすることが大切だと思います。

そのためには、やはり、楽器を介してでない、自分の声での自然な表現を楽器に置き換える、という感覚を大切にすることだと思います。楽器から音を出す、というそれだけで、既に恣意的なことをやっているわけですから。

音程の話をしたつもりが、随分、広がってしまいました。そもそも音程のみを取り出して語ること自体に無理があったのかも知れませんが。
by violink | 2005-07-27 18:50 | Pitch | Comments(0)

タイムラグを意識化する

バイオリンを弾くときに、様々なところでタイムラグが発生します。それを一つ一つ意識し、そのタイムラグの分だけ頭の中で補正してやることで、演奏全体がピタッと一つのものになってくるように思います。

いくつか例を挙げてみたいと思います。。。

分かりやすいところでは、譜面を見る目の動きと出ている音のタイムラグ、左手の指を置いてから音を出すまでのタイムラグ、弾き出してから楽器が鳴るまでのタイムラグ、移弦に時間がかかることで発音が遅れるタイムラグ、などなどです。

こういう観察をもう少し続けていくと、これらの例よりも次元の高い話にもつながっていきます。それは、音にある表情・感情を込めようとするときに、自分の気持ちの方を先にその表情・感情に持っていくことを予めやっておく必要があるということです。

自分がその気になって、体が準備をして、弾き始めて、はじめてその雰囲気の音が出てくるわけですので、その気になるタイミングが遅すぎると間に合いませんね。先へ先へと曲の表情を先取りしていく必要があるのだと思います。

おおよそタイムラグの問題は、「演奏する者」と「演奏を聞く者」との立場の違いをいやでも意識させます。そして、演奏する側がこのタイムラグを意識し、それを補正してやることで、演奏を聞く者に自然に聞かせたいものですね。
by violink | 2005-07-26 23:55 | Performance | Comments(0)

時間がないときの練習の仕方

練習には大きく3つの作業があると思っています。①テクニックを鍛える、②音楽を作る、③その音楽を表現する、の3つです。本当はこれらをバランスよくやっていきたいのですが、仕事その他の状況によっては、バイオリンの練習にあまり時間を割けないこともあります。

そんなときは、僕は、①と②に集中することにしています。

①は、具体的に鍛えるテクニックを決めて、そのために一番適したエチュードなり曲の一部分を取り出して、集中して練習します。練習に使うピースの長さは、10秒くらいのものから長くても30秒くらいです。これを、特定のテクニックを意識しながら集中してやることで、効果が期待できます。大体5分からの時間があれば、やる価値はあると思っています。

②は、頭の中で曲を鳴らして、自分なりに音楽の味付けをしていきます。これは、歩いていても電車に乗っていても出来ることです。まず、曲が頭に入っていないとできないことですが、その気になれば曲は覚えられると思いますし、その場合、伴奏は大まかな和声進行だけでも分かっていれば、用は足ります。

短い時間でも定期的に(できれば毎日)楽器に触れることが望ましいので、週末にまとめて練習するよりは、よい方法ではないかと思っています。
by violink | 2005-07-23 11:51 | Practise | Comments(0)

感覚を磨く

バイオリンの音は、複雑な要素が絡まって出てくるものですので、変幻自在というか、多種多様というか、そういう面白さがあると思います。それにテンポ、ダイナミクス、などの条件も加わってくるので、一つの音が弾き出されるとき、その音の出方のパターンは大変な数になると思います。

とまあ、理屈で攻めていくと、変数が何個あって、その組合わせがどうとかこうとか、そういう説明もできると思いますが、実は、このアプローチは「空中分解」するおそれがあると思います。

一つ一つの要素に分解して、それを緻密に調整しようとすると、全体の調和が損なわれたり、ある要素が極端になり、聞いていて不自然な演奏にもなりかねません。そうなると、そもそも、何を表現したくて弾いているのか、聞いている側には上手く伝わっていかないと思います。

そこで「感覚」の登場です。頭で考えると七面倒くさいはずのことが、感覚で処理することでむしろ自然に楽にできることがあるんですね。特に音楽の場合は、聞く側の心に届くかどうかが勝負ですので、自ずから、感覚に基づくアプローチが有効なのだと思います。

さて、感覚というものは誰でも持っているものです。しかし、人によって感覚は違いますし、それこそが演奏を面白くしているのだと、僕は思います。

大切なことは、感覚的な部分を自分できちんと意識することで、自分がどういう感覚の持ち主なのかを自覚して、それを音にしていく作業だと思います。自分の感覚で演奏したものが、聞いている側にもそういうものとして伝わるためには、そういうことが必要だと思うんですね。

その意識化の作業のことを、今回は「感覚を磨く」と表現しました。磨き方は人それぞれでしょうが、要は、自分という人間が、外側から受ける情報・刺激などに対して、どんな反応をする人間なのか、ということをきちんと自覚しているということが基本で、それは、何もバイオリンの演奏という次元ではなく、人としての生き方そのものの話なのだと思います。

そこから始まって、根を広げ、枝葉を広げて、自分の感覚を音で表現するということに結びついていくのだと思います。

そこで、日常生活の中での様々な体験が、ひいては音楽表現にも結びついていくと僕は考えています。人それぞれ違う生活体験を持ち、同じ体験から受け取るメッセージも違い、周囲の人に対するアプローチの仕方も違う。。。そういうこともあって、音楽表現はその人なりの複雑な要素を内包したものになるはずですね。

自分が今この瞬間している体験が、どのように自分の音楽表現に結びついていくのか、、、なんて考えると、何かワクワクしてきませんか?
by violink | 2005-07-21 09:00 | Expression | Comments(0)

意識の持って行き方

バイオリンに限らず、およそ技の取得に関するものは何にでも言えることだと思いますが、やり慣れるまでは手順をしっかりと確認しながらやる必要があっても、慣れてきたらある程度手順を意識しなくても確実にできるようになってきますよね。

簡単なところでは調弦などがそうだと思いますが、調弦に留まらず、およそ弾くこと全般について、同じことが言えるのだと思います。左手のシフティングを含めた一連の動きや、右手のある程度複雑なボウイングなどもそうだと思います。

慣れることによって意識しなくて済む部分が出てくると、そこに余裕が出てくるので、より本質的な、より重要なことに集中することができるようになりますね。

正しい音程・リズム・音量。。。というレベルから、どういう雰囲気の音を出すか、ということにつながり、さらには、どのように聞こえるように弾きたいか、そこにどのようなメッセージを込めるか、といったことにまで発展させられることだと思います。

ある程度できるようになったと思ったら、そのことから意識して気持ちを外すようにすることも、時には役に立つと思っています。
by violink | 2005-07-20 08:29 | Practise | Comments(0)

演奏の確実性を上げるために

出来ないことを出来るようにするには、そのことが自分にとって難しくないように持って行くことが必要ですね。例えば、重いものを楽々と持ち上げようとすれば、自分の腕の筋肉がそれを簡単にできるように、筋トレで筋力を鍛えるわけです。

バイオリンについても、練習すること自体がそれに当たるわけですが、中でも見落としがちな点として、頭の中での意識の持って行き方、ということがあると思います。これは、一言で言えばそういうことなのですが、本来は、実に広く深いアプローチと言えますので、人それぞれに様々な応用の仕方があるでしょう。

ここでは、単に、左手と右手の動きを頭の中では切り離す、ということだけに絞りたいと思います。もちろん練習のときの話で、最終的には両手の動きを一体として捉えて弾く必要があることは、言うまでもありませんね。

スラーの場合は別ですが、多くの場合、左手の指を置くこと(→ポジション移動を伴うこともありますね。)と右手で弓を返すこととは同時に生じます。このときに、両方の動きを同時に意識しようとすると、どちらの動きにも集中し切れないということが生じがちなんですね。

まず、最初はどちらか一方の動きだけを取り出して練習し、それからミックスするということです。①右手は返さずにスラーにしてしまう、②左手の指は変えずに右手の返し(→移弦を伴う場合は開放弦で)のみやる、ということです。

次に、両手の動きを同時にやりながら、意識だけを片方に集中させることですね。こうした練習を繰り返すことで、最終的には、わざわざ意識しなくても両手の動きに気が回っている状態に到達できると思います。

この話は、以前にも書いたかも知れませんが、昨日練習をしながらふと思い出したので、書いてみました。
by violink | 2005-07-19 06:09 | Practise | Comments(0)

ピアノとのデュオについて

バイオリンのソロの名曲といえば、大抵、オーケストラ伴奏かピアノ伴奏か無伴奏ですね。このうち、アマチュア奏者にとって最も馴染みがある(=実現する可能性が高い)のは、ピアノ伴奏で弾くことでしょうか。。。

ピアノと一緒に弾くときに、まず気になるのは音量のバランスですね。
大抵は、ピアノがバイオリンの音を消してしまわないか、という心配だと思います。
音量的なことももちろんですが、ピアノの強いタッチにはバイオリンが抗しきれない、
ということも、確かにあります。

ただ、音量のバランスは、ピアノとバイオリンの両方の腕前にも絡むので、
ある程度は仕方がない部分もあります。
お互いにもっと上手くなるしかない、ということもあるでしょう。

それよりも、工夫をしてみる価値のあることとして、
バイオリンの発音のタイミングがあります。

ピアノのタッチに比べ、バイオリンの発音はどうしても遅れがちですので、
これを意識的に補正してみるということですね。更には、
音楽を引っ張って行くために、少し先に出るということもあるでしょう。

更には、ピアノと同時に出たのでは聞こえないので確信犯的に微妙に早めに出る、という人もいるかも知れません。微妙さ加減では効果的な場合もありますね。

適度なタイミングというのは、音楽全体を聞いてみて自然であればよいわけですが、
傾向的には、漫然と合わせているとバイオリンが遅めになりがちだと思います。

デュオの緊張感にもつながることなので、研究しがいのあるテーマだと、
僕は思っています。
by violink | 2005-07-18 23:06 | Performance | Comments(0)

音の遠近感

柔らかい音、エッジの立った音、、、などなど、音の雰囲気にもいろいろありますね。
ダイナミクスとの関連も当然あるでしょう。

さて、そんな様々な音を弾き分けることが、バイオリンでの音楽表現を豊かにする一つのコツだと思うのですが、どこでどう使うのか、が問題となるでしょう。

当然、楽譜にダイナミクス記号が書いてあれば、それに従うことになりますし、書いていない場合でも、およそあり得ないダイナミクスの設定という常識論のようなものもあります。

しかし、そういったアプローチだけでは、音楽になかなか立体感が出てこないと思います。

絵画の近景・遠景のタッチの違いが一つのヒントになると思っています。
そこに動きが加わって、手元で小さいものが大きくなっていくのと、遠くから大きなものが近づいてくるのとの違いが、同じダイナミクスの変化(この場合はクレッシェンドですね。)でも気になるわけです。

音の遠近感とでもいいましょうか。

バイオリンの場合、楽器の振動の仕方とこのような音のイメージとは合致する部分があるようで、スルタストで弾くと楽器全体が振動し、駒寄りで弾くと主として駒の周辺が振動するようです。

エッジの立った輝かしい音と、ヴェールのかかったような広がりのあるソフトな音の両方を、上手く表現したいものです。
by violink | 2005-07-17 07:52 | Sound | Comments(0)