作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
最新のコメント
おはようございます。 ..
by 水樹 at 06:45
久々のブログ更新、嬉しい..
by g54vkfei at 19:53
はじめまして。 とって..
by rurujojo19patsy at 16:30
たいへんためになりました..
by shiro_wassan at 08:12
いつも素晴らしいブログを..
by hanako at 04:20
クロモジさん、ご返事が遅..
by violink at 00:28
始めまして。「脱力とイメ..
by クロモジ at 20:00
ものすごく細かく丁寧に ..
by 雨 at 22:10
名演奏とは何か? 生の..
by 漂泊のオケマン at 21:12
バッタさん、どういたしま..
by violink at 05:31
ありがとうございます。 ..
by バッタ at 21:33
バッタさん、はじめまして..
by violink at 13:01
はじめまして。     ..
by バッタ at 13:43
こんにちは。 私もバイ..
by まい at 14:48
VIOLINK様 あけ..
by のりのり at 22:12
お久しぶり、高嶋です。と..
by akko-dolce-vita at 03:33
はじめまして。 私も佐..
by Lily♪ at 13:11
先日、娘と二人、オルガン..
by kawailaw at 22:13
こんにちは。だいぶ前にこ..
by askascpa at 23:21
ハクさん、こんにちは。 ..
by violink at 17:55
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

楽器側での弓速のコントロール

弓速のコントロールは、表情豊かな演奏には不可欠で、極端に言えば、一音一音の弓幅を明確にイメージすべきものだと思っています。それでも実際には、なかなか一音ごとに弓幅を変えるのは大変なので、どうしても大まかになってしまいますが。

その弓幅こそが弓の速さを決めているわけですね。音の長さは決まっているわけですから、多く弓を使う=速い、少ない弓で弾く=遅い、という関係になります。

そして、より細かくなると、一音の中での弓の速さという話になってきて、cresc.とかdecresc.があれば、一音の中で弓の速さを上げたり落としたり、ということをしますね。これもある程度は大雑把な話です。

そもそも、右手だけで弓の速さをコントロールしようとしても、なかなか難しい。ある程度より細かいコントロールは無理とも言えます。却って、唐突になったりして不自然に聞こえるのが関の山ですね。

そこで、左手というか、楽器の側で助けてやるわけです。昔、理科の時間に相対速度というのを習ったことありませんか? その考え方の応用です。弓と同じ方向に楽器を平行移動させると(平行移動であることが大切なのですが)、弓速は遅くなりますし、逆は速くなりますね。

この、楽器の平行移動は、結構細かくコントロールできるので、弓速の細かいコントロールに役立ちますね。つまらない話では、ロングトーンで弓が足りなくなったときなど、楽器を少し動かしてやることで、多少、持たせることができます。

楽器側のコントロールが自然に行くと、これはもう、音楽の表情にとても貢献してくれるので、あまり不自然にならない程度に取り入れたいものですね。
by violink | 2006-04-02 18:43 | Bowing | Comments(1)

聴き手に届いて初めて表現される

コンサートの録音(ホールの後ろの方での)を、聴いてみて、自分が思ったほどには表現がついていない、ということはよくありますよね。表現したのに聞こえていない、のではなく、聞こえるほどには表現されていない、ということです。

どうすれば表現として聞こえるのか、これは、耳元での聞こえ方からホールの後ろに届く音をイメージできるか、と言い換えられると思います。そして、それはとても難しいことのように思われがちです。しかし、大きくは2つの点に集約されるように思います。

一つは音質の問題。もう一つは「身振り」の問題。

まず、音質の問題ですが、遠くに届く音というのは、途中で減衰する要素が少ない音、つまり、ピュアな音であると思います。一方、耳元でしか聞こえない音というのは、ノイズの多い音だと言えます。そこで、耳元でできるだけピュアに聞こえる音を出していく、ということです。

ピュアな音は、小さな音でも遠くまで届くんですね。ですから、遠くまで届かせようと思えば、その分ピュアな音を目指すと言ってもいいと思います。もちろん、遠くまで届くからといって、大きな音で聞こえるわけではないので、ダイナミクスの話は別にあるわけですが。

もう一つの「身振り」の問題は、単に聞こえるだけでは、聴いている側に印象が残りにくいということで、いわばテレビのキャスターのような、歯切れのよいメリハリの利いた表現を心がけるということでしょうか。

今回のトピックは、バイオリンの演奏のごく基本の部分の話でありながら、日頃、疎かになりやすいことだと思います。僕自身にとっては、永遠の課題であります。。。
by violink | 2006-04-01 17:17 | Performance | Comments(0)