作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
最新のコメント
おはようございます。 ..
by 水樹 at 06:45
久々のブログ更新、嬉しい..
by g54vkfei at 19:53
はじめまして。 とって..
by rurujojo19patsy at 16:30
たいへんためになりました..
by shiro_wassan at 08:12
いつも素晴らしいブログを..
by hanako at 04:20
クロモジさん、ご返事が遅..
by violink at 00:28
始めまして。「脱力とイメ..
by クロモジ at 20:00
ものすごく細かく丁寧に ..
by 雨 at 22:10
名演奏とは何か? 生の..
by 漂泊のオケマン at 21:12
バッタさん、どういたしま..
by violink at 05:31
ありがとうございます。 ..
by バッタ at 21:33
バッタさん、はじめまして..
by violink at 13:01
はじめまして。     ..
by バッタ at 13:43
こんにちは。 私もバイ..
by まい at 14:48
VIOLINK様 あけ..
by のりのり at 22:12
お久しぶり、高嶋です。と..
by akko-dolce-vita at 03:33
はじめまして。 私も佐..
by Lily♪ at 13:11
先日、娘と二人、オルガン..
by kawailaw at 22:13
こんにちは。だいぶ前にこ..
by askascpa at 23:21
ハクさん、こんにちは。 ..
by violink at 17:55
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

良い楽器と出会うためには

ここまでのメモで、良い楽器とは何かについて書いてきました。しかし、その答は、適切なクライテリアに合った楽器であること、とだけ書いており、まだまだ本質には迫っていません。

ただし、ひとまずそのことは置いておいて、良い楽器(とは何か、十分に明らかになっていると仮定して、)に出会うためにはどうすればよいか、という点に触れてみたいと思います。

概して、良い楽器はそうでない楽器よりも数が少ないものです。特に、自分が良い楽器と考えるクライテリアが他の人と共通していればしているほど、その良い楽器を欲しいと思う人は多いので、ますます手に入れることは難しくなります。

逆に、いつでも手に入る楽器とは、多くの人が欲しいと思うようなクライテリアを満たしていない場合も少なくないと思います。それだけ、良い楽器を手に入れようと思ったら、長丁場で取り組む覚悟が必要だということだと思います。

ただし、覚悟が必要なだけで、実際には、タイミングよく良い楽器に出会えることもあるでしょう。それは、その楽器が良い楽器だと判断できる場合はラッキーですし、そうでない場合は悲劇だと言えます。自分の判断が追いつかずに「良い」楽器を見過ごすことになるからです。

さて、この話を進めると、前回のメモの論点に戻り、良いと判断するクライテリア、そのクライテリアに合っている楽器かどうかを判断できる力、という話になってしまいますので、敢えてそこは深入りしないことにします。

今回の要点は、自分がどんな楽器を欲しいと思っているのかを、自分の周囲の人や、楽器屋に知ってもらうことが、その楽器を手に入れる早道ではないかということです。とすると、周囲の人たちがそのことをクリアにイメージできるためには、結局、自分が欲しい楽器のイメージがクリアである必要があるのは言うまでもないと思います。

結局のところ、良い楽器と出会うためには、前回のメモに書いたようなことが前提となる、というのが、僕の考え方です。

次回は、元に戻って、前回のメモの続きの話をしてみたいと思います。
by violink | 2006-08-09 20:27 | Instruments | Comments(0)

楽器を選ぶためのクライテリアについて

先日のメモで、楽器を選ぶためには、どのような楽器を良い楽器と考える(=欲しいと考える)のか、その自分なりのクライテリアを持つ必要がある、と書きました。

そのクライテリアとは、例えば、どのようなものでしょう?

音、値段、保存状態、製作者、形、色、などなど、様々なクライテリアが考えられますね。そして、自分なりのクライテリアがはっきりしているのであれば、そのクライテリアに従って楽器選びをして、クライテリアに合う楽器が見つかれば、「良い楽器を見つけた」と判断すべきなのだと思います。

しかし実際は、自分なりのクライテリアを持つとは言っても、確固たる自信を持ってそのクライテリアを設定できる人は僅かだと思います。また、そのクライテリアに合っているのかどうかを判断することも難しい場合が多いですね。その結果、仮に、自分のクライテリアに合った楽器を見つけたとしても、それを購入することへのためらい、あるいは、購入した後での迷い、ということにつながってしまう人が多いのだろうと思います。

そういうわけで、楽器を選ぶときの難しさは、①適切なクライテリアを設定することが難しい、②そのクライテリアに合った楽器と判断することが難しい、という2点に集約されてくると思います。そして、これらのうちまず最初にクリアすべきなのは、言うまでもなく①ですね。

そこで、まず、適切なクライテリアとは何か、ということになります。
by violink | 2006-08-07 20:19 | Instruments | Comments(1)

良い楽器とは??

バイオリンを弾くひとなら誰でも、楽器を購入する、あるいは、買い替えるという経験があると思います。そして、同じ金額ならより良い楽器を欲しいですし、買い替えるなら、今持っている楽器よりも良い楽器が欲しいですね。

そもそも、良い楽器というのはどのような楽器のことを言うのでしょうか。実は、これが難しく、かつ、人によって答が違ってくる部分だと思います。それは、つまり、楽器に求めるものが人によって違うことの表れとも言えると思います。

したがって、楽器を選ぶクライテリアは、人に聞いて済む問題ではなく、自分自身のクライテリアを持つ必要があるのですね。しかし、クライテリアによっては、楽器の専門家でないと、そのクライテリアを満たす楽器であるかどうかを判断することさえままならない、ということが往々にしてあるものです。

そこで、まず最初に、自分の目や耳で判断できるようなクライテリアを自分は重視したいのか、それとも、クライテリアに合う楽器かどうかは専門家に委ねるしかないようなクライテリアを自分は重視したいのか、そこを見極める必要があると思います。

ここがしっかりとすれば、次の一歩の踏み出し方が決まってきますね。自力で探せばよいかも知れませんし、信頼できる楽器屋を探す必要があるのかも知れません。

通常、バイオリンを昔からやっている人でも、今自分が持っている楽器を手に入れた経緯は、往々にして、先生や友人の関係で知り合った楽器屋で購入したものであったりします。そこでは、上に書いたようなクライテリアの検討が出来ていないので、自分が重視したいクライテリアと自分が楽器を購入する方法なり楽器屋がマッチしていない場合が、往々にしてあると思います。どこかで立ち止まって考える必要があるのかも知れません。

いささか分かりにくい話になってしまいましたが、要は、自分がどういうクライテリアを持って楽器を眺めるかによって、良い楽器と考えるべき楽器が違ってくるということで、このクライテリアをしっかりと持つことが大切だということだと思いますね。
by violink | 2006-08-04 21:35 | Instruments | Comments(0)