作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
最新のコメント
おはようございます。 ..
by 水樹 at 06:45
久々のブログ更新、嬉しい..
by g54vkfei at 19:53
はじめまして。 とって..
by rurujojo19patsy at 16:30
たいへんためになりました..
by shiro_wassan at 08:12
いつも素晴らしいブログを..
by hanako at 04:20
クロモジさん、ご返事が遅..
by violink at 00:28
始めまして。「脱力とイメ..
by クロモジ at 20:00
ものすごく細かく丁寧に ..
by 雨 at 22:10
名演奏とは何か? 生の..
by 漂泊のオケマン at 21:12
バッタさん、どういたしま..
by violink at 05:31
ありがとうございます。 ..
by バッタ at 21:33
バッタさん、はじめまして..
by violink at 13:01
はじめまして。     ..
by バッタ at 13:43
こんにちは。 私もバイ..
by まい at 14:48
VIOLINK様 あけ..
by のりのり at 22:12
お久しぶり、高嶋です。と..
by akko-dolce-vita at 03:33
はじめまして。 私も佐..
by Lily♪ at 13:11
先日、娘と二人、オルガン..
by kawailaw at 22:13
こんにちは。だいぶ前にこ..
by askascpa at 23:21
ハクさん、こんにちは。 ..
by violink at 17:55
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ピアノとのデュオを聴かせるために

およそバイオリンを弾く人であれば、発表会などを含めて、ピアノとのデュオを演奏する機会がそれなりにあるのではないかと思いますが、その練習の際には、縦の線が合っているか、音量的にピアノに負けていないか、の2点にことさらに注意が向きがちだと思います。

これらは基本中の基本であり、まずクリアしないとそもそもデュオが成立しないという類のことだと思います。その上で、デュオとして聴かせるために、楽譜に書いていないことで注意すべきことがあるとすれば、ピアノとバイオリンのどちらがリードするのか、バイオリンの音程をどこまでピアノに寄せるかの2点ではないかと思っています。

ピアノがバイオリンの伴奏に徹している演奏は、その正反対の演奏よりは遥かに聴きやすいと思いますが、曲全体を通じてピアノが従に回ることが求められるケースばかりではありません。簡単な例では、ピアノがメロディー、バイオリンが伴奏の役回りをするようなケースでは、当然、ピアノがリードすべきですね。だいたいは雰囲気で分かるものだと思いますが、ここはピアノ、ここはバイオリンと、きちんと意識して捉え直して練習してみると、そうでない場合に比べて、メリハリの利いた演奏になると思います。ピアノとバイオリンの音量のバランスも当然関係してくるでしょう。また、音色の性格も変える必要があります。こういうテンポをリードするのはどちらか、という点だけでない部分に意識を向けることで、メリハリが出てくるのだと思いますね。

次に、音程のことですが、みなさんご存知のように、バイオリンは純正調、ピアノは平均律ということで、それぞれがそれぞれの調律で弾くと音程が一致しないところや、和音がハモらないところが随所に出てきてしまいます。ピアノは音程を変えることができませんので、音程の折り合いをつけるのはバイオリンの方の仕事ということになります。特に、ピアノとバイオリンが一緒に長い音価の音を弾いているときの音程や、一緒に弾き終わるところの音程が目立ちますので、そういうところでバイオリンの方が音程を上手くピアノに付けることができると、デュオの響きが格段にレベルアップします。

特に、音程のことは、アマチュアの永遠の課題でもありますので、自分だけで精一杯のところをピアノのことを考えて微調整するところまでは手が回らない、という事情はあると思いますが、曲全体でこれを完璧にやるのは無理にしても、一部を取り出してみて、そこだけ集中的に音程を考えることも、耳の肥やしになると思いますね。慣れてくると、ピアノの音程をある程度予測して、そこにはめ込んで行けるような感じになると思いますので、長い目でみて、しかし、諦めることなく取り組み続けるのがよいと思いますね。
by violink | 2016-09-26 06:14 | Performance | Comments(1)

歌うためのコツ

最近、自分の練習と演奏の方が中心となり、このブログの更新もほとんどゼロに近い状況が続いていますが、この間にも多いときには1日に100アクセスくらいいただいており、ありがとうございます。

さて、人の演奏について、あなたはよく歌っているいるとか、もっと歌った方がいいという言い方を耳にすることがあります。どうすれば歌う演奏になるのでしょうか。すぐに思い付くこととしては、ヴィブラートとかルバートとかダイナミクスとか、音楽を奏でる上で考えるべきことがありますね。音程の明るさ暗さということもあります。

ただし、より表現に直接関わる要素があと2つはあると私は思っています。1つは音の変わるタイミングであり、もう1つは音の立ち上げ方です。

音の変わるタイミングについては、特に旋律の最初の音の入るタイミングが大事ですね。インテンポでここというビートの位置から、敢えてごく少しだけ前か後ろにタイミングを外すことが、その旋律の表情につながります。旋律の中にある音でも同じようなことはありますが、こちらは広くはルバートに含まれるかと思います。

音の立ち上げ方については、弾き出した時に音をきちんと立ち上げることが基本で、そうしないと楽器がきちんと鳴ってくれませんが、その弾き出しの音を階段に例えるならば、段の高さの違いによって音の表情は様々ですね。きちんと段になっている(坂ではなく)ことが大事ですが、その高さをいろいろ工夫することが表現の違いにつながりますね。奏法的には、弓と弦の接触点と駒との距離のコントロールに関係します。

特に、旋律の中にある音をスラーで弾いているときに、その音を際立たせることができると、旋律の表情が大きく変わってきますが、これにはヴィブラートの助けを借りる必要が出てきますね。
by violink | 2016-09-18 07:17 | Expression | Comments(0)