作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
最新のコメント
おはようございます。 ..
by 水樹 at 06:45
久々のブログ更新、嬉しい..
by g54vkfei at 19:53
はじめまして。 とって..
by rurujojo19patsy at 16:30
たいへんためになりました..
by shiro_wassan at 08:12
いつも素晴らしいブログを..
by hanako at 04:20
クロモジさん、ご返事が遅..
by violink at 00:28
始めまして。「脱力とイメ..
by クロモジ at 20:00
ものすごく細かく丁寧に ..
by 雨 at 22:10
名演奏とは何か? 生の..
by 漂泊のオケマン at 21:12
バッタさん、どういたしま..
by violink at 05:31
ありがとうございます。 ..
by バッタ at 21:33
バッタさん、はじめまして..
by violink at 13:01
はじめまして。     ..
by バッタ at 13:43
こんにちは。 私もバイ..
by まい at 14:48
VIOLINK様 あけ..
by のりのり at 22:12
お久しぶり、高嶋です。と..
by akko-dolce-vita at 03:33
はじめまして。 私も佐..
by Lily♪ at 13:11
先日、娘と二人、オルガン..
by kawailaw at 22:13
こんにちは。だいぶ前にこ..
by askascpa at 23:21
ハクさん、こんにちは。 ..
by violink at 17:55
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


クォリティの高い音とは...

よい音って何でしょうね。雑音の少ない音でしょうか。これは遠くにきれいに響いていきますね。楽器が自然に鳴っているときに出てくる音です。

楽器が自然に鳴るためには、音の出し方ももちろんですが、音程も非常に大切ですね。音程が合った状態というのは、カメラでピントが合った状態に似た感覚がありますね。音のすべての要素が一点に収斂していくような感じです。

逆に、こういう収斂する感じが分かってくれば、これが感じられるかどうかで音程が合っているかどうかも分かるようになりますね。

ただ、楽器も弾き込んでいって初めてこの収斂する感じがよく分かる鳴り方をするようになってきますね。自分の楽器がこの「境地」に達するようにするためには、丹念に正しい音程で、よい音の出し方で弾いていくということを、気長にやっていく必要があります。

このようにして、素材としてのよい音が身についてくれば、音色の幅を広げていく準備ができてきたということだと思いますね。どういう弾き方をすればどういう音がするのか、いろいろ試行錯誤して、自分なりにつかんで行くのがいいでしょうね。

要は、弓のどのあたりで、駒からどのくらい離れたところを、どのくらいの弓の速さで、どのくらい重みを乗せて弾いたら、どんな音がするのか、ということの実験の蓄積だと私は思っています。

あとは、自分の好みの問題で、「こういう音色に惹かれる。こういう音を出したい。」という欲求が強いほど、音の突き詰め方も厳しく細かくなっていくのだと思いますね。
# by violink | 2004-03-25 01:39 | Sound | Comments(0)

ポジション移動の精度を上げるために(その1)

まず、ローポジションとハイポジションとで、ポジションの移動に伴う手や腕の動きが大きく違うことに注意するとよいですね。一言で言えば、ローポジションは平行移動、ハイポジションは拡張というイメージですね。

その上で、手や腕を動かす練習ですが、楽器の持ち方にもかなり関係してきますね。楽器の支えを顎のところと左手のところでどう分散するかが、スムーズなポジション移動をするための一つのポイントになってきます。

それから、基本的に左手は楽器をつかむのではなく、楽器をはさんでいるという感覚ですね。確かに指を弦の上に下ろす瞬間は、コツンと音がするくらいですが、その直後には力が抜けている状態になる必要があります。そうなっていないとスムーズにポジション移動ができないですね。

あとは音程のことですが、よくアマチュアの間で「飛びつき」などと言っている、長い距離を当てずっぽうで移動するのは、スリルはありますが、間違ったイメージですね。基本的には、ガイディング・フィンガーといって、正しい音を押さえるために、音には関係ない指できちんと移動しておく(通常は人差し指です。)習慣が大切だと思います。

なお、音程などというものは、指を押さえる場所がコンマ数ミリでもずれれば外れてしまう(特にハイポジション)ので、百発百中というのはもともと無理だと割り切って、上手く行かなかったときに素早く修正することの方が、はるかに大切ですね。

そのためには、指が移動する前に、移動後の音程を頭の中で鳴らしておく訓練をすることですね。

ちなみに、ポジション移動の精度を上げるということに関して、移動するスピードという重要なポイントがありますが、これについてはいずれ書きたいと思います。
# by violink | 2004-03-24 22:01 | Shifting | Comments(0)

子音の大切さ

フレージングで重要なのは、どこで音を区切るかということですが、音の区切り方にもはっきり区切ることもあれば、そうしないこともありますね。日本語で言うならば、句点と読点の違いのようなものでしょうか。スラーのあるなしだけでは割り切れないものがありますね。

音の区切り方については、子音というイメージがとても参考になりますね。タ、カ、サ、マ、ヤ、などなど音の立上り方が微妙に違っています。こうした微妙な違いをフレージングに応用することで、フレーズのニュアンスがとても豊かになってきます。

特に、音の立上りのよい楽器では、ちょっとした弓のコントロールの仕方で、音の立上りのニュアンスが相当変わってきますね。そういう楽器では、より微妙な音の立上げができるので、よりデリケートな表現が可能になってくると思いますね。
# by violink | 2004-03-24 12:38 | Phrasing | Comments(1)

サウンディング・ポイントについて

弓と弦との接点というのは、響きの良い音を得るための大変重要なポイントですね。

基本的には、弓の速さ、駒から弓までの距離、弓にかける力の3つの要素がうまく組み合わさって、初めて良い音が出るということなのですが、これを頭でいくら考えても、良い音は出てこないですね。

サウンディング・ポイントというのは、理想的な弓と弦との接点のことですが、それを探し当てるための比較的簡単な方法があって、それは、とにかく軽い弓(弓の重さだけで弾く感じです。)で、指板から弓先で弾き始めて、少しずつ駒よりに寄せてくることです。

その間は、弓の速さとか力とかは変えないようにします。

そうすると、ある程度弓が駒に近づいたところで、音の中の倍音が最も豊かになって、それから後は、かすれた音になってきます。

そのギリギリのところが、理想的なサウンディング・ポイントということです。

あとは、そのときの音の響きを良く覚えておいて、最初に書いた3条件をいろいろ工夫して音の雰囲気を変えていく練習をすればよいでしょう。

そうすることで、音のパレットは確実に広がっていくと思います。
# by violink | 2004-03-23 23:28 | Bowing | Comments(0)

左手の指を速く動かすには...

左手の指を速く動かすための練習としては、究極的には2種類しかなくて、それは、①指を下ろす練習と、②指を上げる練習です。

①の方は、別名「指をたたく練習」と言う人もいて、指板の上に、それぞれの指をトントンと音がするくらい激しく打ち下ろす練習がポピュラーですね。ただし、この練習でさらに大切なことは、指板の上に指を下ろした瞬間に指の力を抜くことで、こちらの方がはるかに難しいです。

②の方は、①ほどポピュラーではないようですが、実は左手の指が速く動かない原因は、いったん下ろした指を素早く上げられないことによる場合の方が圧倒的に多いという意味で、とても重要です。

①と②をバランスよく練習に取り入れるといいでしょう。3:1の符点のリズムを使って、①の練習では、指が上がっている時間の方を長く、②の練習ではその逆にしてやると効果的だと思います。

それから、これは若干裏技ですが、ピアノのように、次の指を置いたら前の指を放すという練習も効果があります。この方法でインテンポで弾ければ、普通の弾き方であればインテンポ以上のテンポで確実に行けます。
# by violink | 2004-03-22 23:51 | Fingering | Comments(0)

もっと力を抜いて...

バイオリンを弾くときに余計な力が入っていると、大きな音が出そうとしても出てこない。「力を抜いて」とレッスンで言われた人も多いでしょう。

力を抜くためのトレーニングは、弾くのに必要な最小限の力を感覚としてつかむことが、まず大切ですね。ところがこれが難しくて、同じ結果を少しでも少ない力で出そうと日々努力するしかない。

逆に、余計な力が入っていることを知る方が、やりやすいと個人的には思います。

そのためには、弾き止めて力を完全に抜いてみることですね。そうすると、力が入っていたところの筋肉が一番弛緩するので、どこに一番力が入っていたかが分かります。

それでも、力を抜けばいいということでもなくて、必要な力なんだけれども、筋肉の鍛え方が足りなくて、疲れとなって現れてくることもあります。その見極めは結構難しいですが、要は、弾くのに必要な最小限の力をつかむ中で、徐々に見極めが出来てくるのだと思います。

それで、必要があれば筋トレをするなどして、筋肉の力をつけるということが出てくるわけですね。
# by violink | 2004-03-21 22:59 | Relaxation | Comments(2)

美しい音を目指して

 私はアマチュア・ヴァイオリニストで、年1回、室内楽のコンサートをやって、かれこれ10年になります。始めたのが小学校5年生と比較的遅く、レッスンの方も最初は真面目に通っていましたが、それも高校生の頃がピークで、大学に入って以降は時々思い出したように行く程度です。

 それでも、ヴァイオリンを弾くということへの執着は、自分でも驚く(?)ほどで、「さすがに学生の頃よりは今のほうが上手く弾けるけどさ...」などと、普通の人とは逆のことを涼しい顔をして言っている有様です。

 このブログは、一流のプロの演奏や一流の先生の著書を参考にして、これまで自分なりに磨いてきた奏法を、今後も少しずつレベル・アップしていくための階段のようなイメージで作っていきます。

 あくまで私自身の頭の整理のためのブログですが、参考になるコメントなどいただけると、大変助かります。是非どうぞよろしくお願いします。
# by violink | 2004-03-20 06:23 | Introduction | Comments(2)