作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


力を抜くことについて

これまでに何回か、脱力については書いてきましたが、今回は、もうひとつ別の視点から書いてみたいと思います。(これまでのものは、右のインデックスからRelaxationをクリックすると一度に見れます。)

レッスンなどで「力を抜いて!!」と言われるのは、大抵は、楽器を弾いているときに、弾くために必要な力以上の力が入っていて、演奏の妨げになっていることが指摘されているのですね。必要最小限の力で弾くことは、それはそれで大変重要ですが、弾いていないときの脱力ということが、案外出来ているようで出来ていないんですね。今回はその話です。

例えば、腹筋運動をやっているとして、1日100回という目標を作ったとします。50回やったところできつくなってきたら、少し休みを入れて力を抜きますよね。それで少しは回復して、さらに何回か出来るわけです。これを一気に休みなくやると、恐らく回数が少なくなってしまうでしょう。

バイオリンを弾くときも、音を出していないときは、楽器と弓を持つだけの力があればいいわけですね。その方が疲れずに長い時間弾けると思います。このアプローチを推し進めていくと、音を出していない状態(=楽器を構えていない状態)から、音を出す準備が出来た状態(=楽器を構えた状態)に移行するときの体の動きを如何に無駄なくするか、ということにもつながってきます。

よくバイオリンを習いはじめて間もない人が、楽器を構えるのに、肩の上で楽器を左右に動かしてみたり、頭の位置を変えてみたりしているのを見ますよね。一方、プロのバイオリニストの中には、一発でパクッと構えてしまう人が多いですね。

イメージの持ち方として、楽器を左手で持ち上げて、肩の上に置いて、顎ではさんで、右手を上げて、弓を弦の上に置いて。。。というように、楽器を構える動きを別々に捉えるのではなく、これらが一連のつながった動きだというようにイメージしてみることは、多少は役に立つかも知れません。
by violink | 2004-09-20 21:31 | Relaxation
<< ダイナミックな演奏をするために <音楽という言葉>言葉から音楽... >>