作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ダイナミクスの捉え方

ダイナミクスというのは、結構、バイオリン弾きにとっては関心事ですよね。オケでは「うるさすぎ」とか「聞こえない」とか日常的に言われますし、楽器を選ぶ時にも大きな音が出るかどうかを最優先にする人がいます。

しかし、バイオリンにとってのダイナミクスとは一体何でしょう。ダイナミクスが変えようとすると、楽器の鳴り方が変わってきますので、音色も変わってきます。そういう音色の変化も含めてダイナミクスの違いを感じているのが、バイオリン弾きの日常なわけですね。

ですので、単に音量という点だけでダイナミクスを捉えるのは難しいです。ダイナミクスではなく音色のコントロールをしていく、という捉え方をしていく方が、実際にダイナミクスが変化したように聞かせるような音作りの早道ではないかと、私は思います。

その場合、どのように音色を変化させていくかが重要になりますね。pなりppの部分の音色を大切にしてくことで、fやffとのコントラストを際立たせていくわけです。pなりppでは、静かな雰囲気を表現できる音色ということが大切だと思います。(音量を落とすことを考えすぎると、聞こえなくなってしまいます。(笑))逆に、fやffは、アタックの付け方やヴィブラートの使い方を併せて工夫することによって、音の雰囲気として、fやffらしく聞かせるということを考えたいですね。

そういうわけで、ダイナミクスの捉え方のイメージを多少拡張してはどうか、という問題提起をしてみました。
by violink | 2004-11-09 20:40 | Sound
<< 4+1次元の世界 パーツ毎に頭と気持ちを切り替え... >>