作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


速いスラーのパッセージをクリアに弾くために

スラーのパッセージを練習するときには、いくつかの要素に分けて練習していくのが効果的ですね。一つの練習方法として、①左手のフィンガリングを決めて正しい音程で弾く練習をして、②右手の移弦の練習をして、③弓と弦の接点に気をつける、という大体3つのステップに分けて練習していくのは効果的だと思います。(もちろん、他にも効果的な練習方法があるかも知れません。)

この①~③の順序で練習をしていくときには、一つ一つクリアしていくことがとても大切ですね。そうしないと3つのステップに分けて練習する意味がありません。

まず、①のステップでは正しい音程で弾くことが大切ですね。正しい音程で弾かないと、音がクリアに立ち上がりません。クリアな音という意味では、指をきちんとすばやく指板に下ろすように気をつけたいですね。また、余計な苦労をしないために、フィンガリングはできるだけシンプルなものにして、複雑なポジション移動をせずに済むようにしたいですね。

次に、②のステップでは、弦を移った直後の音がしっかりと立ち上がっているかどうかについて、特に気をつけます。実は、このステップはいい加減に済まされていることが多いのですが、パッセージ全体がクリアに聞こえるかどうかの重要なポイントですね。スラーで移弦した直後の音は、ただでさえ音の立上りが悪いので、多少、移弦の動きをしっかり意識しながら練習する必要がありますね。あまり滑らかに移弦をしすぎると、却って全体の音の塊がクリアに聞こえなかったりしますので。(これは、移弦のテクニック自体の問題です。)

最後に、③のステップは弓と弦の接点を移弦やポジション移動に応じてきちんとコントロールしていくことです。このステップは最後の仕上げとも言うべきもので、③までのプロセスがある程度きちんとできていないと、④のステップに進む意味がないと思います。例えば、G線からE線に至るようなパッセージでは、弓と弦との接点を少しずつ駒寄りに移動させる必要がありますが、弓を駒に寄せるのが中途半端になって、演奏内容がクリアにならないということが多いですね。それでも、移弦(低弦→高弦)のたびにホンの少しずつ駒寄りにしていくことは、まだやりやすいのですが、同じ弦の上でポジションが上がる(下がる)ときに駒寄り(指板寄り)にするというのは相当難しいですね。基本的なボーイング自体が安定している必要がありますので。(ちなみに、この接点の移動というのは、1、2ミリ程度の移動です。)
by violink | 2004-11-02 00:04 | Practise
<< 伴奏とメロディーでの音色の使い分け 一弓連続スタッカートの練習 >>