作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


余計な力を使わないで楽器を支えるには

楽器はある程度きちんと支えておかないと、演奏中に動いてしまい、とても弾きにくいものです。しかし逆に、楽器を持つ、ということを意識しすぎると、楽器を固定する、というイメージに囚われてしまい、ガッチリと顎のところで楽器を挟んだり、左手でネックを握ってしまうような感じになりがちですね。

その結果、余計な力が入り、本来もう少し楽に弾けるはずなのに、結構しんどくなったりします。そういう状態であまり熱心に練習を重ねると、筋肉痛その他の兆候が出てきてしまうこともありますね。

そういう状況にならないようにするには、どうすれば良いでしょうね。私の場合は、楽器は滑らないようにする、という感じで捉えています。更に言えば、楽器を弾いているときに力の加わる方向は、実は限られているので、そういう力の向きに対して滑らないようになっていればよい、ということになりますね。

では、弾いているときに加わる力の向きとは、どの方向でしょうか。それは、どんな力が加わるのかを観察してみると分かります。ボーイングで引っ張られる力、ポジション移動で上がるときや下がるときに加わる力、ヴィブラートのかけ方によってかかる力がありますね。

これらの力のうち、ボーイングで引っ張られる力は大したことはありませんが、それ以外の2つの力は、楽器を動かしてしまうくらいの力の大きさがありますので、その動きで楽器が滑らないようにする必要があるわけですね。

これは、経験として感じていくほかはないと思いますが、要はそういうことだと思います。逆に、どの方向から引っ張っても押してもビクともしないように固定する必要はない、ということですね。
by violink | 2004-11-30 20:10 | Relaxation
<< 新年のご挨拶 弓を弦に置く角度について >>