作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<音楽という言葉>転調のあやについて

いろいろな曲で、時として転調というものが出てきますが、大抵は、何調から何調に転調するか、ということだけに意識が向いて、その転調のニュアンスというものには思いが及ばないものです。

この転調というものを、「気持ちの切り替え」として捉えてみましょう。私たちが日常生活の中で、気持ちの切り替えが必要だと思う状況には、様々な状況がありますね。性格的に気持ちの切り替えがスパッとできる人もいるでしょうし、そうでない人もいます。

また、意図的に気持ちの切り替えをしようとするときに、何となく未練を残しながらの気持ちの切り替えや、はやる気持ちを抑えながらさっさと気持ちを切り替えることもあるでしょう。そのような気持ちの切り替えのパターンは、それこそ日常生活のシーン毎に様々だと思います。

転調するシーンにも、「気持ちの切り替え」と同じように様々なシーンがあると私は思います。そして、そのシーンに応じて、単に調性を変えるということでなく、テンポなりダイナミクスなり、そのバックグラウンドに当たるようなものを工夫していくことで、より一層、その転調のニュアンスがクリアに表現できると思うんですね。
by violink | 2004-10-31 09:15 | Interpretation
<< 発想の転換(上から見ること) 楽器の手入れについて >>