作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


事務連絡です。。。

僕がかつて作っていたブログで、「音楽という言葉」というものがありました。このブログのコンセプトは、下記のとおりです。

***

楽器を演奏する人が楽譜から何を読み取って演奏するのか...の「何」に当たるものを探していくためのヒント・手がかりになりそうなことを、思いつくままに書いていきます。あくまで私見ですので、様々な異論があってよいと思います。

その際、譜面に書いてある情報をそのまま音にするということでなく、作曲家がどうしてその音をその響きを選んだのか、ということに自分なりに答を出しながら書いていきたいと思います。

2つだけ補足したいと思います。

第一に、このブログでは音楽表現を取り扱っていますが、どう表現すべきかの手がかりを、全て音と響きに求めています。楽譜に現れてこない時代背景のようなものを勉強する時間がないことと、音楽は結局のところ音と響きとして表現されるものであることを考えると、こうしたアプローチが現在の私には妥当だと思えるからです。作曲家が他でもないこの音とこの響きとを選んだことについて、どんな意図からそうしたのかを自分なりに感じながら、音楽表現について書いてみるつもりです。

第二に、音と響きに注目するからには、聴き手に自分の表現の意図が伝わることが大切だと考えています。その意味で、作曲家がこういう意図をもってこの音と響きを選んだのだとすれば、その意図を聴き手にきちんと伝えるにはどのように表現すべきなのか、というところまで、ゆくゆくは踏み込んで行きたいと思っています。

***

さて、僕は、これら2つのブログを作ってきましたが、内容上、密接不可分であることもあり、「音楽という言葉」に載せてもよいメモを、violinkの方でアップすることも増えてきました。

そこで、思い切って、「音楽という言葉」の内容をすべて、こちらに移植することにしました。カテゴリーの「interpretation」をクリックすると現れるメモのうち、タイトルに<音楽という言葉>が付いているものがそれです。

自分で読み返しても意味不明のところなどもありますが、過去の事実として、敢えて直さずにそのまま持ってきています。violinkの世界を知っていただくには、役に立つと思いますが。。。
by violink | 2005-08-26 09:30 | Introduction
<< 疎遠なるテクニック 拍子感覚とリズムの感じ方 >>