作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


メロディーのイメージの捉え方

スプリング・ソナタの第1楽章の冒頭と言えば、曲名を知らない人でもメロディーを知っている人は多いでしょう。楽譜を開いて、この一節を目の前にして、さてどう弾こうかな。。。と考えているシーンを想像してみてください。皆さんは何をしますか? それを想像してみてください。

僕がまず最初にすることは、和声の進行を把握することです。そこからこのメロディーの基本的な「色合い」が見えてくると思います。その上で、個々の和声が基音の上に乗ったものか、転回したものかを見ていきます。それによって、「地に足の付いた」雰囲気を持った部分なのか、上向き・下向きに動こうとしている部分なのか、ということを感じ取っていきます。

これだけのことをすると、このメロディーの歌い方のイメージが自分の中に沸いてきます。尤も、ピアノの伴奏型とか、メロディー自体の形とか、これ以外にもヒントはいくらでもあります。宝探しのような感覚でこういうものを観察していくと、さらに閃きがあったりしますね。

それから、そのイメージを効果的に伝える方法を考えていきます。音程を高め・低めにとるとか、ある音を少し強調気味にするとか、テンポをここで微妙に変えるとか、そういうアイディアが閃いてきます。そのときに、言葉に置き換えて、人に話しかけるような気持ちでやると、自然な感じに仕上がって来ますね。(実際に具体的な言葉に置き換えるわけではないのですが。。。)

ここまでは、実は楽器を持たなくても出来ることなので、歩きながら、電車で吊り皮につかまりながら、喫茶店で窓の外を眺めながら、いろいろなときにやっています。

その準備として必要なことは、楽譜が頭に入っているか、楽譜を常に携帯することだと思います。僕の場合は、楽譜が頭に入るまでは、楽譜そのものかその縮小コピーをよく持ち歩いていました。とは言っても、CDも聴いていますので、そちらから覚えていく部分もありますね。

逆に、自分がやりたいと思った表現を、たまたまCDを聞いて発見することができたときなどは、一種の達成感というか満足感というかがありますね。

いずれにせよ、美味しいモノに舌が慣れてくると、不味いモノが食べられなくなるように、「美味しい」表現で「舌」を肥やしたいものだと思いますね。。。
by violink | 2005-10-04 07:07 | Interpretation
<< ダイナミック・レンジを広げるには 弾き方と聞こえ方 >>