作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


major <-> minor のトーンの転換

転調の中でも、major と minor の間で転調するものは、どのようにしてその転換を聴かせるか、悩ましいところですね。巷で売られているCDにも、そうした「悩ましさ」をこなした後が聞こえる演奏と、そもそも何が悩ましいのか認識されていないと思しき演奏があります。

この問題は、major と minor のそれぞれの世界の中で音程がきちんと整っている、ということとは別次元の問題で、調がどうであれ、「majorらしさ」 と 「minorらしさ」 の違いをどう聞こえさせるか、という問題であるわけです。

僕が最近気を付けていることは、major から minor への転調では、標準的なピッチを全体的に低目に持っていくことです。極端に言えば、major では A=443Hz で取っているところを、 minor に転換してからは A=441Hz で取るようにするようなイメージですね。

これは、なかなか精緻にやろうとしても上手く行かないのですが、このアプローチをとることで、確かに、major から minor や、その逆の転調がそれらしく聞こえるんですね。

このようなアプローチが正しいのかどうか、自分には分からないのですが、現に、転調のニュアンスをよく表現できるので、これからも追求していきたいと思っています。
by violink | 2005-12-20 17:51 | Pitch
<< 左手の指同士の独立性 <番外編>ゲヴァントハウス弦楽... >>