作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


作品を知るための「遊び」(続編)

昨日のお話の続きです。ベートーヴェンのソナタ第5番の第1楽章の冒頭のメロディーについて、昨日書いたような「遊び」をしてみて、僕が気づいたことは、次のようなことです。

まず、このメロディー(最初の11小節)は、全体が大きな音階になっているということです。つまり、AGFEDCBAGFEDCBAGFEDCBAGFまで下行音階で、最後の2小節だけは、(Fis)GAB(H)CDEFという上行音階になっています。こういう単純な構造の中で、ベートーヴェンはメロディーの色合いを出すために、どのような工夫をしているでしょうか?

まず、最初のA-[GFEF]GFEDですが、この[ ]内の動きが装飾音符のように働いていますね。その次のGFEDは次のCにつながる動きですね。その意味で、この一連の音の動きの推進力は後半にあるように思います。

続く、C-[DCHC]DCBAの前半は同じく装飾音符的で、後半は次のGFにつながる動きです。そして、その先にある[EF^FD]CB[AB^BG]FEの動きは、[  ]内の音は、音の順序が、FEDとかBAGではなくて入れ替わっていますが、このことで、FDからd-mollの響き、BGからg-mollの響きが浮かび上がっていますね。尤も、この箇所はピアノが小節の頭からこれらの分散和音を弾いていますので、逆に[EF^FD]のEや[AB^BG]のAが装飾音符的な役目を果たしているように聞こえますね。

さらに、少し飛ばした先のCBAGFの動きについては、f-durの響きで一貫させてもおかしくないところを、f-durからd-mollの響きに一瞬ひねってから、g-dur、c-durのセブンスコードを経てf-durに戻す動きになっています。ここでd-mollが登場せずにf-durの響きで一貫されていたとすると、その後で戻ってくるf-durのインパクトが弱くなりますね。というか、つまらなくなりますね。

とりあえず、冒頭の11小節については、こんなことを感じたんですね。
by violink | 2006-02-09 06:05 | Interpretation
<< 作品を知るための「遊び」(その2) 作品を知るための「遊び」 >>