作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「一流」のウチとソト

自分が気になる分野で一流と言われる人のことは、誰でも無関心ではいられないと思いますし、出来れば「あやかりたい」と思うのも人情だと思います。最近では、ブログなどで、一流ともてはやされる人が発信するメッセージは、ぐっと身近になってきたと思いますので、彼らが一流になったプロセスを辿ることも、以前よりは遥かに容易になってきたと言えます。

もちろん、ここで言っている一流とは、似非の一流ではなく、本物の一流のことです。

「自分もああ弾けたらいいな」と思うことがあります。でも、何に憧れているのか、実は定まっていないことも多いと思います。その人の演奏そのものかも知れません。その人がその演奏をして周囲の人に注目されている状況かも知れません。その人が演奏に向かう姿勢(と自分が感じること)かも知れません。そして、こういうものを「よいもの」として認識している自分自身に陶酔しているのかも知れません。

一流を意識する背景には、多少なりとも、自分が気になる分野、特に、自分が実際に手がけている分野であれば、現状の自分のレベルより向上していくきっかけが欲しい、という思いがあると思います。ところが、上に書いたような様々な思いは、自分がそのきっかけを掴むことを妨げるように思います。

それは、本当の一流の人が見ているであろう世界はもっと深いところから始まっているからだと僕は思っています。深いところに根を生やして、それが土中の養分を吸って成長し、太い茎から出た葉が太陽の日を浴びて、綺麗な花を咲かせる植物のように。その植物が生きていくために必要なプロセスは、外からは見えない土中から始まり、また、土中で淡々と続けられているのと同じように。

外からは見ることができない内面が充実していることが、自分の音楽世界の次元を高めていくことの背景としてあるということを、改めて実感する今日この頃です。
by violink | 2006-02-21 06:30 | Motivation
<< VIOTTI(1709) 表現と感情 >>