作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


聴けるテンポでの練習

こういう言い方はよくされるのですが、ここでは少し違う意味のことを書こうとしています。

普通、「聴ける」というのは、楽譜通りに弾けているか聴ける、ということで、音程、リズム、テンポなどなど、いわば、楽譜上の情報を正しく音に置き換えられているか、という観点から「聴けるかどうか」に注目しています。

これは、WHATの世界であるのに対し、HOWの世界に目を向けてみたいと思います。

HOWとは、ここでは、音の役割ということです。最も分かりやすいところではメロディーと伴奏、更に踏み込めば和声同士の関係、装飾的な音とコアである音、などといった捉え方ができると思います。残念ながら、音の役割については、楽譜の中には明示されていません。それだけ、音符の並び方をみれば自明ということなのでしょうが、WHATの練習では、なかなかそこまで辿り着かないものです。

このように、WHATの練習に比べ、HOWの練習は、はるかに複雑なので、処理すべき情報量、こなすべき思考プロセスが増大すると思います。尤も、これには慣れの面もあるので、慣れてくれば時間をかけずにできるのかも知れません。

また、聴けるテンポという点でも、WHATの練習よりもHOWの練習の方が、ゆっくりしたテンポでやる必要があります。希代の伝説的なピアニストである田中希代子さんという方は、弾いた音が消える瞬間まで聞き届けることを生徒に求めた、という話もあります。

行き届いた演奏を目指す人にとっては、そういうHOWの練習が不可欠なのだろうなと、最近は何かにつけて感じるようになりました。それだけ、優れた演奏に接する機会が増えたということかも知れません。
by violink | 2006-03-02 06:38 | Practise
<< 音楽表現のイメージ 多重の動きへの慣れ >>