作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


半音階の死角

速めのテンポの半音階が出てくるときに、僕がまず最初に考えるのは、フィンガリングです。というのは、半音階は指に覚えさせてしまえば、簡単に弾けるようになるからで、特に、できるだけ規則的なフィンガリングを使うように心がけています。

と、簡単にやり過ごしてきた半音階なのですが、最近になって、半音階の音程が異常に悪いことに気づきました。弾いているときも、後から録音を聞き返すときも、一音一音の音程が正しいかどうかを聞き分けていくことは、テンポが速過ぎてできないので、音程を直すにも、どの音の音程を直せばよいのか、直ちには分かりません。

もちろん、練習の段階では、ゆっくりしたテンポからさらうのは当然として、徐々にテンポを上げていくという練習をしていっても、インテンポで弾くとそれなりに音程の悪さが気になるということはあるものです。これは、一音一音が短すぎて音程を修正しようにもそれができない、ということとも関係があります。

そこで、どうするかですが、その半音階が属している曲の調性を考え、その調にとって重要な音(根音、ドミナント、サブドミナント当たりでしょうか?)のところだけでも、音程を気をつけるようにするわけです。それ以外の音は、割り切ってしまいます。

こうすることで、①注意を払うべき音を限定することで、音程の精度を上げることができる、②主要な音の音程がきちんとしていれば、半音階の動き全体も割と良い音程で弾いているように聞こえやすい、という2つのメリットがありますね。
by violink | 2006-03-14 05:34 | Pitch
<< モーツァルトの音程 音程への神経の使い方 >>