作者自身の頭の整理のためのメモです。その時々の思いを綴っていきますので、過去記事と内容の重なりがあるかも知れません。(リンク・フリーです。) Photos in the articles: Courtesy of Tarisio Auctions
by violink
カテゴリ
Introduction
Bowing
Fingering
Vibrato
Shifting
Pizzicato
Tempo
Pitch
Rhythm
Phrasing
Sound
Relaxation
Breath Control
Expression
Practise
Ensemble
Performance
Interpretation
Concert
Instruments
Motivation
My Feeling
Others
Q&A
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2012年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


楽器の支え方について

バイオリンの持ち方というのは、左手の動きやすさだけでなく楽器の鳴り方にも直結するので、とても重要なトピックです。それでいて、一朝一夕に変えることができないものなので、長い目でみて試行錯誤をする必要がありますね。

楽器を支える、という視点から見ると、顎のところでがっちりと支えることがベストのように思いがちですが、そのためにはよほど上手くやらないと、相当な力で楽器を挟むことが必要になったり、肩を上げて裏板を支える必要が出てきたりします。その分、左手の掌にかかる力は減るので、ポジション移動などはスムーズに行く面もありますが、顎や肩に力が入った状態では、長時間演奏するのは苦痛ですし、ましてや長期間というスパンでみると、身体にいろいろな不具合が起こってくる可能性もあります。

また、裏板に肩が密着すると、楽器の鳴り方にも影響がありますね。肩当てが必要になる場合は、肩当てを付けること自体が、楽器の鳴り方に影響する面も当然あります。

では、ほかに楽器の支え方があるのかと言えば、それはあって、左手も楽器を支えることに関与させる方法ですね。顎・肩の部分と左手(の親指と人差し指の付け根)との2点で楽器を支えるようにするようなイメージです。この支え方では、楽器の重さが2点に分散されるので、顎・肩の部分の支えが軽減されますね。その代わり、左手への負担が若干出てきます。

左手の支えは、ポジション移動の妨げになる可能性があるのですが、これは、楽器の重さを顎・肩だけで支えていたときのような移動の仕方はできない、ということであり、左手で支えた場合でも、ポジション移動を行うやり方はあるのです。ただし、左手の親指の動きが相当違ってくるので、慣れには時間が必要ですね。

僕自身、左手を関与させるようにしてから数年が経ちますが、この支え方に慣れると、肩当てを使って楽器を支えることにむしろ違和感を感じています。

とまあ、肩当なし、左手活用の支え方をお勧めするような書き方になってしまいましたが、どちらかと言えば、楽器を支えるのに左手を活用するやり方はマイナーなので、多少、大げさに書いてみました。要は、その人にとって弾きやすいかどうかですし、骨格その他個人差がありますので、なかなか一般論として言い切ることは難しいと思います。
by violink | 2006-10-12 06:27 | Relaxation
<< 楽器を選ぶためのクライテリアに... 楽器の鳴りを保つためのチェック... >>